エクセルを開いたら必ず画面表示を最大化させる方法

ウィンドウの操作画面の操作
ウィンドウの操作

エクセルファイルを開いた時に常に画面最大に表示されていますか?

毎回ではないのですが、パソコンを共用使用していると何故か中途半端な大きさでエクセルファイル開くことありますよね。

いちいち最大化させるの面倒ですよね。

そんなわずかな手間ですが、VBAコード1行追加で解放されて常に画面最大化表示してくれる便利機能で、中途半端な画面サイズで表示されることから解放されますよ。

スポンサーリンク

WindowStateプロパティ

ウィンドウの大きさを最小化するか、最大化するか、元のサイズに(標準)戻すかを指定させるのにWindowStateプロパティを使用します。

内容定数
最大化xlMaximized
最小化xlNinimized
標準xlNormal

使い方としては一般的にエクセルファイルが開いた時にサイズ指定を行うので、ThisWorkbookにOpenイベントとしてVBAコードを記載します。

WindowStateプロパティ

Private Sub Workbook_Open()
ActiveWindow.WindowState = xlMaximized
End Sub

VBA解説
  1. エクセルファイルが開いたら下記処理をする
  2. ウィンドウの状態を最大化する
  3. マクロ記録終了

たった1行記述するだけで、こんな中途半端な表示が・・・

ちょっと極端な例かな
ちょっと極端な例かな

いつも最大化されて表示されるので、最大化クリックする手間から解放されました。

最大化
普通は画面いっぱいの最大化して使いますよね
画面操作関連
表示されている各種項目を非表示に設定可能です

画面表示の便利機能