エクセルを開くと自動的にメニューバー(リボンツールバー)を非表示にする方法

ウィンドウの操作画面の操作
ウィンドウの操作

せっかく作って渡したエクセルのメニューを触れらて変になった経験ありませんか

印刷を考えて様々な設定をしたのに勝手にイジられてはみ出たり・・・。

意図しない印刷設定の変更や保護の解除をされてしまうことも。

<span class="fz-12px">とりっぷぼうる</span>
とりっぷぼうる

そこでエクセルを開くと自動的にメニューバー(リボン)を隠してしまえば、こんな問題が解決できますよね。

スポンサーリンク

メニューバーを隠して意図しないユーザー操作を防止

エクセルの画面の上に並んでいる、印刷や文字設定をしたりできる様々なメニューがありますが、これをリボンツールバーというのです。

これを非表示にしてしまえば、だれも触れなくなるので、問題が解決できますよ!

メニューバー(リボン)表示
メニューバー(リボン)表示

これが一般的なエクセルのリボンツールバーが表示されている画面ですね。

これをエクセルファイルを開いたら自動的に消してしまうと、このような画面になります

メニューバー(リボン)非表示
メニューバー(リボン)非表示

実はリボンツールバーを非表示にすると、シートのスペースが当たりませですが広くなりましたね。

ではこのようにリボンツールバーを消すVBAコードを書いていきましょう。

SHOW.TOOLBAR

メニューバー(リボン)を隠してしまう方法は、SHOW.TOOLBARを使います。

そしてエクセルを開いたときに自動的に処理を行う方法はThisWorkBookに記述します。

リボンツールバー非表示するVBAコード

Private Sub Workbook_open()
Application.ExecuteExcel4Macro “SHOW.TOOLBAR(“”Ribbon””, False)”
End Sub

これで、エクセルを開いてマクロを有効化すると、メニューバー(リボン)を隠して表示してくれます。

念の為に、ワークシート上かユーザーフォームにメニューバー(リボン)を再表示する為のコードを記述したコマンドボタンを準備しておく事も必要ですね。

再表示する為にコマンドボタンに記載

Private Sub CommandButton1_Click()
Application.ExecuteExcel4Macro “SHOW.TOOLBAR(“”Ribbon””, True)”
End Sub

たった1行なので難しくないですよね。

また、シートを隠すこともできますよ!

タイトルとURLをコピーしました