調べたいExcel-VBAの使用例などキーワードを入力してください

VBAで改ページプレビューと標準を切り替えるボタン

ウィンドウの操作画面の操作
ウィンドウの操作
スポンサーリンク

印刷範囲を確認する時に改ページプレビュー表示見ませんか

VBAでも印刷範囲を指定できますが、手っ取り早く簡単にできますからね。

たった1行VBAコードを書くだけなのですぐにできますよ!

とりっぷぼうる
とりっぷぼうる

方法は簡単で、標準と改ページプレビューを切り替えるには(Viewプロパティ)を使うだけで、簡単なのでぜひ取り入れてみませんか?

スポンサーリンク

Viewプロパティ

通常のワークシートを「標準」(初期設定)として、改ページプレビューがもう一つの表示モードと思えば難しくないですよね。

VIEWプロパティの既定値は以下のように決まっています。

定数表示モード
xlNormalView1標準
xlPageBreakPreview2改ページプレビュー

表示モードを改ページプレビューにする

では、ユーザーフォームに配置したコマンドボタンを押すと、標準から改ページプレビューに表示が切り替わるようにしましょう。

改ページプレビューに切り替え

Private Sub CommandButton1_Click()
ActiveWindow.View = xlPageBreakPreview
End Sub

VBA解説
  1. コマンドボタン1が押されたら
  2. 表示中のエクセルワークシートの表示モードを改ページプレビューにする
  3. マクロ終了

これでコマンドボタン1が押されたら改ページプレビューに表示モードが変わりました。

表示モードを標準に戻す

改ページプレビューにしたら、こんどは標準に戻せないと不都合なので戻しましょう。

標準に戻す

Private Sub CommandButton1_Click()
ActiveWindow.View = xlNormalView
End Sub

VBA解説
  1. コマンドボタン1が押されたら
  2. 表示中のエクセルワークシートの表示モードを標準にする
  3. マクロ終了

表示モードの定数を変えるだけなのでとても簡単ですよね。

クリックするたびに標準/改ページプレビューに切り替え

改ページプレビューに表示を切り替えたり、標準に戻したりできるボタンを作れば、コマンドボタンを押すたびに表示モードが切り替わるので便利ですよね。

これができれば、わざわざ改ページプレビュー用のボタンと、標準に戻すボタンの2つ用意する必要がなくなります。

相互切り替えボタン

Private Sub CommandButton1_Click()
If ActiveWindow.View = xlNormalView Then
ActiveWindow.View = xlPageBreakPreview
ElseIf ActiveWindow.View = xlPageBreakPreview Then
ActiveWindow.View = xlNormalView
End If
End Sub

VBA解説
  1. コマンドボタン1が押されたら
  2. もし、表示モードが標準だったら
  3. 表示モードを改ページプレビューに切り替える
  4. そうでなく改ページプレビューだったら
  5. 標準モードに切り替える
  6. Ifステートメント終了
  7. マクロ記録終了

If~Thenを使って、もし標準だったら改ページプレビューにして、そうでない場合(改ページプレビュー)だったら、標準に戻すって書くだけです。

このようにボタン1つで表示を切り替えたり元に戻したりできると便利なので、ほかの表示方法も知っていて損はないと思いますよ!

ボタン1つで作業完了へ
ちょっとの工夫でエクセル作業が飛躍的に早く終わったらいいなあ~と思いませんか? 面倒くさい作業よ!さようなら!

スポンサーリンク


画面の操作
参考になりましたらシェア宜しくお願い致します

山頂テラスデッキからの三段紅葉(2019年11月)

フリーパスって助成金つぎ込んでいいの?

コロナ禍のGo To トラベル以外にも助成金だらけでうらやましいね。

安くなったフリーパスで遊びに行きたいけど、給与も減って余裕ないよね。

Excel VBA