VBAで改ページプレビューと標準を切り替えるボタン

シートの操作シートの操作
改ページプレビュー

印刷範囲を確認する時に改ページプレビュー表示見ませんか

VBAでも印刷範囲を指定できますが、手っ取り早く簡単にできますからね。

たった1行VBAコードを書くだけなのですぐにできますよ!

スポンサーリンク

VIEWプロパティを使う

通常のワークシートを「標準」(初期設定)として、改ページプレビューがもう一つの表示モードと思えば難しくないですよね。

VIEWプロパティの既定値は以下のように決まっています。

定数表示モード
xlNormalView1標準
xlPageBreakPreview2改ページプレビュー

では、ユーザーフォームに配置したコマンドボタンを押すと改ページプレビューに表示が川得るようにしましょう。

改ページプレビューVBAコード

Private Sub CommandButton1_Click()
ActiveWindow.View = xlPageBreakPreview
End Sub

簡単にできましたよね。

改ページプレビューにしたら、こんどは標準に戻しましょう。

標準に戻すVBAコード

Private Sub CommandButton1_Click()
ActiveWindow.View = xlNormalView
End Sub

切り替えボタンを作る

改ページプレビューに表示を切り替えたり、標準に戻したりできるボタンを作れば、コマンドボタンを押すたびに表示モードが切り替わるので便利ですよね。

これができれば、わざわざ改ページプレビュー用のボタンと、標準に戻すボタンの2つ用意する必要がなくなります。

相互切り替えボタン

Private Sub CommandButton2_Click()
If ActiveWindow.View = xlNormalView Then
ActiveWindow.View = xlPageBreakPreview
ElseIf ActiveWindow.View = xlPageBreakPreview Then
ActiveWindow.View = xlNormalView
End If
End Sub

If~Thenを使って、もし標準だったら改ページプレビューにして、そうでない場合(改ページプレビュー)だったら、標準に戻すって書くだけです。

タイトルとURLをコピーしました