エクセルを開いたときに自動的に指定範囲を画面いっぱいに表示する方法

ウィンドウの操作画面の操作
ウィンドウの操作

スポンサーリンク


スポンサーリンク

画面サイズが異なるパソコンでも表示範囲を統一したい

Excel-VBAを使う方はひとつのシートをちょっとだけ使うのではなくかなり広範囲を使う方が多伊と思います。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

セル列番号A~ZどころかA~BZまで使っていませんか?

そうなってくるといちいちスクロールバーで移動なんて現実的には無理なので、当然ユーザーフォームに配置したコマンドボタンなどで、クリックひとつで指定したセルへ一発移動させたいと思いませんか?

そして、せっかく移動したセルが表示されても使うパソコンの画面サイズなどの理由によって、表示してほしい表が一部見切れてしまったり、見切れて欲しい範囲まで表示されてしまったり、なんてことが複数台のパソコンを使っているとよく起きますね。

できれば、どのパソコンでも同じ範囲しか表示されないように設定をしておけば、こんな心配さようなら!

ActiveWindow.Zoom

ウィンドウの画面表示サイズを変更するにはActiveWindow.Zoomを使えば、表示倍率をパーセント単位指定したり、指定範囲をズームして画面いっぱいに表示することも可能です。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

エクセルを開いたときに指定範囲をズームしよう

エクセルファイルを開いたときに指定したシートの指定したセル範囲をズームして開くときは、Excel VBAのブックイベントに最大化したいセルの範囲を記述するだけです。

Private Sub Workbook_open()
Worksheets(“sheet1”).Activate
Range(“A1:L20”).Select
ActiveWindow.Zoom = True
  1. エクセルファイルが開いたら自動的に実行する
  2. シートはsheet1を選ぶ
  3. セルA1~L20の範囲を選び
  4. 画面いっぱいに表示する

これだけでエクセルを開いたときに自動的に指定範囲を画面いっぱいに表示できます。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

ご覧いただきありがとうございます。

ブログランキングに登録しています。

少しでもお役に立てれば幸いで、参考になったようでしたら応援よろしくお願いします。


Microsoft Officeランキング

ユーザーフォームを使えばこんなに便利に早く作業が終わりますよ
波乗りアヒル
波乗りアヒル

エクセルの勉強お疲れ様です。ちょっとひと休みしませんか?

タイトルとURLをコピーしました