ラベル使い方や便利な活用法やワザ

テキストボックスコントロールプロパティラベル

エクセルのオリジナル入力フォームが作ることができるユーザーフォーム。

そこでコマンドボタン・ラベルと並んで使用頻度が高いテキストボックスの基本的な使い方と、活用例や便利な使い方などをまとめています。

ユーザーフォームについては下記をご覧ください。

スポンサーリンク

ラベル(Label)

プロパティによる文字書体や配置など初期設定

ラベルの基本をマスターしよう

ラベルにかかわる活用例

実際にはコマンドボタンを押すことによってラベルの内容が反映される実例や活用例で、単独のラベルはもちろん、複数のラベルを同時に反映する事の方が実際は多いので、工夫が必要です。

スポンサーリンク

ユーザーフォームでオリジナルフォーム作ろう

エクセルの作業時間を短縮して効率よく作業を可能にする「ユーザーフォーム」を使いこなすには、基本を押さえておきましょう。

1日400人ぐらいの方が見ていただいている意外と人気ページなんです。

文字を入力するのに絶対使うTextBox

ユーザーフォームにテキストボックスを使わないで済むのは、確認画面ぐらいかな?

テキストボックスとセルをリンクさせる様々な方法を組み合わせれば、作業時間はあっという間に短縮できます。

文字列だけじゃない!Labelもクリックできるので可能性大

ラベルといえばテキストボックスの説明として文字列で表示させるのが、基本の使い方ですがクリックするとプログラムを実行させることもできるのです。

工夫次第でできることは無限大に広がります。

どんなVBAコードをコマンドボタンに記述しますか?

ボタンをクリックすると記述したプログラムが作動して、繰り返し作業や手間がかかったことが一瞬で完了させることができます。

あんなこともこんなこともできちゃいますよ。

波乗りアヒル
波乗りアヒル

ご覧いただきありがとうございます。

ブログランキングに登録しています。

少しでもお役に立てれば幸いで、参考になったようでしたら応援よろしくお願いします。


Microsoft Officeランキング

ユーザーフォームを使えばこんなに便利に早く作業が終わりますよ
波乗りアヒル
波乗りアヒル

エクセルの勉強お疲れ様です。ちょっとひと休みしませんか?