VBAで印刷のページ設定の倍率を設定する方法

Excel-VBA印刷
調べたいExcel-VBAの使用例などキーワードを入力してください

エクセルで印刷する時にページによって印刷する範囲が異なるので、可能な限り用紙いっぱいに印刷したいと思いませんか?

だからと言って毎回1枚1枚ページ設定をするのは面倒で手間がかかるので、VBAを使って自動化して仕事効率化します。

スポンサーリンク

ページの印刷倍率を設定する

印刷倍率の設定は、エクセルのワークシートから「ファイル」➡「印刷」➡「ページ設定」の順に進むと倍率設定できますが、VBAを使ってエクセルを管理しているのでついでに設定しておいて損は無いですよ。

初期設定は100%になっているので、いつものようにユーザーフォームに配置したコマンドボタンに印刷倍率120%の設定を書いています。

印刷倍率120%に設定

Private Sub CommandButton1_Click()
ActiveSheet.PageSetup.Zoom = 120
End Sub

VBA解説
  1. コマンドボタン1がクリックされたら
  2. 表示中のシートの印刷倍率は120%にする
  3. マクロ記録終了
とりっぷぼうる
とりっぷぼうる

印刷のページ設定をVBAで出来るのは印刷倍率だけではありませんので、一緒に設定したほうが失敗印刷すなくて済みますよ。

スポンサーリンク

印刷関連VBA

スポンサーリンク