エクセルVBAでページ番号を好きな数字から開始する

Excel-VBA印刷
調べたいExcel-VBAの使用例などキーワードを入力してください

印刷ページ数が複数ある時に、一番下の部分に本のようにページ数を表示する事ってありませんか?

通常は1ページ目から始めるのですが、他の印刷の続きなのでどうしても1ページ目ではなくて続きの10ページ目からで印刷したいことありますよね。

そんな時は、VBAでフッターの設定をすれば解決しますよ。

スポンサーリンク

フッターのページ設定で開始ページ番号を指定

ここでは、ユーザーフォームに配置したコマンドボタンにVBAコードを書き、表示中のシートのページ設定(ActiveSheet)で記載しています。

シートを指定する場合はActiveSheetWorkSheets(“シート名”)に変えるだけです。

FirstPageNumberプロパティを使用する

印刷ページの一番下の部分(フッター)にページ番号を自動的に連番を割り付けて印刷するには、1ページ目から自動連番が付与されて印刷されます。

しかし、好きな番号から開始するには、FirstPageNumberプロパティを使えば、10ページ目から自動連番開始できます。

フッターの中央に10ページ目からページ番号連番付与

Private Sub CommandButton1_Click()
With ActiveSheet.PageSetup
.FirstPageNumber = 10
.CenterFooter = “&P”
End With
End Sub

VBA解説
  1. コマンドボタン1がクリックされたら
  2. 表示中のシートのページ設定をする
  3. 開始ページ番号は10とする
  4. フッターの中央に連番を表示する
  5. Withステートメント終了
  6. マクロ記録終了
とりっぷぼうる
とりっぷぼうる

基本の1ページ目からの印刷方法やページ数以外にも日付・時刻・ファイル名・シート名で表示することができます。

フッターのページ数表示を(現在ページ/総ページ数)で表示する

今度は、ページ数だけではなく同時に総ページ数も表示することもでき、全15ページのうちの何ページ目なのかを表示するとチョット見やすくなるかもしれませんね。

フッター中央に(現在ページ/総ページ数)表示

Sub ボタン1_Click()
With ActiveSheet.PageSetup
.CenterFooter = “&P/&N”
End With
End Sub

VBA解説
  1. コマンドボタン1がクリックされたら
  2. 表示中のシートのページ設定をする
  3. フッターの中央に連番を(現在ページ/総ページ数)で表示する
  4. Withステートメント終了
  5. マクロ記録終了
スポンサーリンク

印刷関連VBA

スポンサーリンク