エクセルでA4用紙に固定して変更できないようにする方法

Excel-VBA印刷

エクセルで印刷の位置がずれたり、用紙からはみ出たり、必要ないページが印刷されたりして困ったことありませんか?

特に共有プリンターや複数プリンターが選択できる場合、さらに共有パソコンともなると、よくある日常です。

このような場合の解決方法は2つありますので、実行している対策をご紹介します。

スポンサーリンク

PaperSizeプロパティを使う解決法

A4サイズの用紙をVBAコードで設定することで、わざわざページ設定画面を開いて指定する必要がなくなりますので、手間も時間も節約でき仕事効率化になります。

いつものようにユーザーフォームに配置したコマンドボタンにVBAコードを書いています。

ページ設定でA4用紙に固定

Private Sub CommandButton1_Click()
    Worksheets(“Sheet1”).PageSetup.PaperSize = xlPaperA4
End Sub

VBA解説
  1. コマンドボタン1がクリックされたら
  2. 「Sheet1」という名のシートの印刷のページ設定はA4用紙にする
  3. マクロ記録終了

A4以外にも用紙は選択できますので、定数を変更すれば用紙を指定できますよ。

定数用紙サイズ
xlPaperA4A4用紙
xlPaperA3A3用紙
xlPaperA5A5用紙
xlPaperB4B4用紙
xlPaperB5B5用紙
スポンサーリンク

Dialogsプロパティを使う解決法

こちらの方法は単純にプリンターのプロパティーを呼び出して直接調整するDialogsプロパティを使う方法です。

印刷ダイアログ
プリンターのダイアログボックス表示

Application.Dialogs(xlDialogPrinterSetup).Show

この1行のVBAコードを書き加えれば、プリンター選択画面が表示されます。

詳しくは下記ページをご覧下さいませ。

とりっぷぼうる
とりっぷぼうる

印刷のページ設定をVBAで出来るのは用紙だけではありませんので、一緒に設定したほうが失敗印刷すなくて済みますよ。

印刷関連VBA