ユーザーフォームのラベルの色を変える方法

ラベル色変更 ラベル

オリジナルの入力フォームだから色合いも気になりませんか?

当然、ラベルの色も初期設定の黒だけじゃ味気ないですよね。

ユーザーフォームのラベル(Label)とは、フォーム上に文字列を表示する為のコントロール(部品)です。

ラベルには直接文字入力などをするものではありませんが、フォーム上のお題(タイトル)や他のコントロールの説明書きなどに利用することが多いですね。

使用頻度も非常に高いので、注意書きなどは黒じゃなくて赤色で目立たせましょう。

スポンサーリンク

ラベルの文字色を変更しよう

カレンダーを作った時に、土曜日を青色に、日曜日を赤色にラベルの色を変えられたら、カレンダーらしくなりますよね。

ラベルのプロパティで色変更

このラベルの色を変える方法は、単純な設定からコードを駆使して変更する方法まで様々ですが、一番簡単なのがラベルのプロパティウィンドウで色を設定する方法が一番簡単です。

ただし、この場合は常時設定した色になりますので、条件に応じてラベルの色を変更したい場合は使えませんよ。

ラベルの色を変更する手順は以下の通りです。

1、色を変更したいラベル(Label)をクリック

2、プロパティウィンドウが表示されます

3、文字色変更はForeColorをクリック

4、▼が表示されるのでクリック

5、パレットをクリック

6、お好みの色をクリック

これでラベルの色が変更できました。とても簡単ですね。

この方法でコマンドボタンの文字色も変更できるので、自作カレンダー作成にも使っています。

このようにプロパティ設定でラベルの色を変えることができますが、色が固定されてしまうので、条件に応じてラベルの色を変えてみませんか?

ラベル関連VBAコード
タイトルとURLをコピーしました