入力済みのセルの最終行の下に新しく入力する方法

VBAセルの操作 VBA
VBAセルの操作

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク

セルの最終行にデータを追加記述する

エクセルのデータ入力を簡単に繰り返し行うには便利なユーザーフォームですが、入力の度にセルの最終行を探しているのは時間の無駄と手間がかかります。そこで、TextBoxに入力した文字や数字をCommandButtonをクリックするたびに自動的にセルの最終行に転記できるようにすると便利です。

ここでは、UserForm1のTextBox1に入力した文字や数字がCommandButton1をクリックするとセルA列の最終行(1行下)に転記する設定を書いてみました。

Private Sub CommandButton1_Click()
Range(“A1”).End(xlDown).Offset(1, 0).Value = TextBox1.Value
End Sub

この赤字の部分を書き込むだけです。

  • Range(“A1”)がA列を表しています。
  • .End(xlDown).Offset(1, 0)で最終行の1行下、0列右を表しています。
  • TextBox1.ValueがTextBox1の値を表しています。

ちなみにOffset(0,0)は行も列も移動しないので同じところに転記、(0,1)であれば同じ行の1列右となり、この場合B列ということになります。

TextBoxが二つの場合

Private Sub CommandButton1_Click()
Range(“A1”).End(xlDown).Offset(1, 0).Value = TextBox1.Value
Range(“B1”).End(xlDown).Offset(1, 0).Value = TextBox2.Value
End Sub

2つ並べちゃえばできちゃうよ。

各コントロールまとめて転記シリーズ

ユーザーフォームを使うと配置したコントロール(テキストボックスやラベルなど)とセルとの間で値のやり取りが多くなります。

よく使うのでまとめてみました。

値の場所転記したい場所説明ページ
セルの値ラベル名VBAコード
セルの値テキストボックスの値VBAコード
セルの値コマンドボタンの表示名VBAコード
セルの値セルの値VBAコード
テキストボックス入力値セルの値VBAコード
波乗りアヒル
波乗りアヒル

成績表作成には知っておきたいExcel-VBAもくじ

ボウリングハンデキャップのつけ方
HDCPの種類はリーグのルールにより複雑に ボウリングの成績表(リーグ戦)で必ず必要になるのが、ハンデキャップ(HDCP)です。 ボウリングご予約の時に一番多く使われているのが、女性にだけハンデキャップをつけてあげることが多いですね。 だいだい何点ぐらいのハンデキャップが多いの?
ボウリングリーグ対戦表の数字を名前に自動変換する方法
リーグ戦の対戦表をエクセルで作る時、数字で表されている番号を名前に自動的に変換できると作業時間が短くなり効率的ですね。たった2つのエクセル関数を使うだけで、簡単にできるんです。今回の回戦数を入力するだけで一発変換完了。もちろんお客様にスケジュール対戦表として渡すことも簡単ですよ。
人数に応じてリーグ対戦表を自動選択する方法
複数の表があり、条件に合った表を選んで、さらにセルの値を選んで数字を名前に自動変換できると、とても便利なエクセルができますよね。ボウリングのリーグ対戦表も人数により表が異なるので、参加人数が決まったら、自動的に表を選んで対戦番号がこれも自動的に参加者名に変換されると便利で作業効率がアップして時間短縮になりますよ。
波乗りアヒル
波乗りアヒル

エクセルの勉強お疲れ様です。ちょっとひと休みしませんか?

タイトルとURLをコピーしました