ユーザーフォームの文字書体を全て一括して変更する方法

excel-vbaコントロールプロパティユーザーフォーム
excel-vbaコントロールプロパティ

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コントロールのプロパティから変更可能

ユーザーフォームを作るということは、エクセルでオリジナルの入力フォームを作るという事なので、文字の大きさや書体(フォント)も変更したくなりますね。

このページでは、ユーザーフォームのCommandButton1のプロパティを変更することによって文字の大きさや書体の変更方法をご紹介いたします。

オブジェクト「Font」で個別変更方法

文字の大きさや書体は、プロパティの「Font」で簡単に変更できます。

① ユーザーフォームの変更したいコントロール(ここではCommandButton1)をクリック

ユーザーフォームコマンド

② 表示されたプロパティ内のオブジェクト「Font」をクリック

コマンドボタンプロパティ

コマンドボタンプロパティ

③ すると同じ行の右端にアイコンが表示されるのでクリック

コントロールプロパティフォント

④ 見慣れたフォント変更が表示されるので任意のフォント・スタイル・大きさを選べるようになります。

フォント変更画面

いかがでしたか?うまくできましたね。

この方法で、ひとつひとつ個別にユーザーフォーム自体の書体と各コントロールの書体を変更することが可能となります。

スポンサーリンク

コントロールのフォント一括変更方法

前述の方法で、いちいち個別にフォントを変更するのは面倒なので、次に一括してフォントを変更する方法を紹介します。

一括で書体変更する方法は下記の通り2つあります。

最初にフォントを決定する方法

ユーザーフォームを作った時にフォントが決めている場合は、テキストボックスやコマンドボタンなどを配置する前に、ユーザーフォームのプロパティでフォントを変更しておけば、後から配置するコントロールは全て、指定したフォントで配置できるようになります。

後でフォントを変更する方法

ユーザーフォームを作りフォントを変更することをせずに各コントロールを配置してしまった時や、後でフォントを変更したくなった時などは、「テキストボックスの大きさと配置を変更」でご紹介した時と同じ方法の変更したいコントロールを囲むようにドラッグをしてから、プロパティの「Font」を変更すれば、囲まれているコントロールが一括で書体が変更できます。
スポンサーリンク

波乗りアヒル
波乗りアヒル

ご覧いただきありがとうございます。

ブログランキングに登録しています。

少しでもお役に立てれば幸いで、参考になったようでしたら応援よろしくお願いします。


Microsoft Officeランキング

ユーザーフォームを使えばこんなに便利に早く作業が終わりますよ
波乗りアヒル
波乗りアヒル

エクセルの勉強お疲れ様です。ちょっとひと休みしませんか?

タイトルとURLをコピーしました