セルの書式設定の縮小して全体を表示をVBAで設定する

セルの操作

表などでセルの大きさがある程度決まっている時に、名前が5文字ぐらいならばセルにちょうど表示できているのですが、まれに6文字だとセルの設定をしていないと印刷した時に見切れてしまった事ありませんか?

それはセルの大きさ(幅)などに対して、文字が大きすぎたり長すぎたりするとはみ出てしまったり、切れてしまいます。

セルの書式設定をすることにより解決しますが、VBAコードを使って設定しましょう。

スポンサーリンク

VBAで書式設定の文字の制御を設定する

ShrinkToFit プロパティ

セルに入力されている文字や値がセルの設定されている幅や大きさを超えてしまっている場合に、セルの幅に収まるように自動的に文字の大きさを縮小させて表示させることができます。

初期設定は元の大きさ(縮小させない)に設定されているので、設定値は「False」なので、自動縮小を解除する時にもFalseを指定します。

VBAで特定のセルだけ縮小して全体を表示させる設定をする

例えば、ユーザーフォームに配置したコマンドボタンを押すと、セルA1の入力文字の大きさを自動的に縮小するならば、このようなVBAコードになります。

縮小して全体を表示

Private Sub CommandButton1_Click()
Range(“A1”).ShrinkToFit = True
End Sub

VBA解説
  • コマンドボタン1がクリックされたら
  • セルA1に入力されている文字がセルの大きさを超えていたら縮小する
  • マクロ記録終了

これだけで、縮小表示が可能になりました。

元に戻すならば、TrueをFalseに代えるだけです。

VBAでセルの範囲を縮小して全体を表示させる設定をする

実用的にはセル1か所を指定して設定することは少なく、実際には表などの特定の範囲を指定することが多いので、まとめて設定します。

範囲指定縮小して全体を表示

Private Sub CommandButton1_Click()
Range(“A1:G20”).ShrinkToFit = True
End Sub

VBA解説
  1. コマンドボタン1がクリックされたら
  2. セルA1~G20の範囲に入力されている文字がセルの大きさを超えていたら縮小する
  3. マクロ記録終了

スポンサーリンク


セルの操作
スポンサーリンク
参考になりましたらシェア宜しくお願い致します

山頂テラスデッキからの三段紅葉(2019年11月)

フリーパスって助成金つぎ込んでいいの?

コロナ禍のGo To トラベル以外にも助成金だらけでうらやましいね。

安くなったフリーパスで遊びに行きたいけど、給与も減って余裕ないよね。

Excel VBA