エクセルで作るボウリング成績表

エクセルで作るボウリング成績表エクセル

スポンサーリンク


45分でリーグ6本150名も楽々完成

ボウリングのリーグ戦の成績表はASで管理していますか?

それともエクセルで管理していますか?

西船ボウルではASでは管理せず、全てエクセルで管理しています。

F支配人
F支配人

理由は簡単です。LTBリーグを含めて勝敗と一緒に様々なルールをリーグ毎に付け加えていくとASでは対応できないからね。

そうなると、エクセルの方が簡単にルール追加してポイント付けたりできるので簡単ですね。

そうなってくるとエクセルの知識が無いと1つのリーグの成績表を作るのに時間がかかって、作業効率が悪くなりますよね。

F支配人
F支配人

そんな問題もちょっとエクセルの知識を身に着ければ、3分ぐらいで30名の成績が簡単に出来上がっちゃいます。

ピン君
ピン君

いったいどうやったらそんに早く完成するの?実は3ゲームのスコアー入れるだけ???

エクセル関数の組み合わせ

いろいろなエクセル関数を組み合わせると、意外とできてしまうボウリングリーグ成績表。

最初の頃は、手で書いていたりしたレコードシートだったり、リーグ対戦表から参加者の名前に打ち込みなおしたりした手間も工夫次第で自動化できちゃった。

エクセルVBAの力を使って自動化

エクセルには数式や関数を入れてボウリングスコアーやポイントを計算させていますね。それは変わりません。

自動化はそれ以外の作業をやってもらいます。

つまり、名前を探したり、成績順に並び替えたり、HGや・HSを探して表記したり、印刷したり。

F支配人
F支配人

入力は3ゲームのスコアーとポイントだけ。それ以外は全て自動化してしまえば楽々スタンディング完成。

あすなろボウリング成績表

エクセルを開くとこんな画面を表示して自動化しちゃいます

ピン君
ピン君

エクセル得意だったのね。だからできるんだよ!私には無理です!

F支配人
F支配人

そうではなくてど素人でした。でも、こんな状況なので覚えるしかなかったかな・・・

娯楽の多様化などで昔よりもオープンボウラーの来場が徐々に減少傾向になっているボウリング場!

そんな中で生き残る為に、LTBに力を入れているセンターも多いと思います。

F支配人の働いているストライカーズ西船ボウルでも、もちろんLTBは営業活動の中心にしています

おかげさまでLTBリーグの本数も人数も徐々に増えてきて、現在では週7本、190名になりました。

この人数が多いか少ないかは分かりませんが、これからも営業政策の中心にしていくのですが、困った問題もありました。

F支配人
F支配人

エクセルの知識がない!!

スポンサーリンク

エクセルって難しい

それはエクセルの知識が乏しく、毎週の各リーグの成績表を作成するのにものすごく時間が掛かり、他の業務の妨げになってきました。

ASでも簡単には出力できますが、お客様に渡すにはかっこ悪いし、リーグの特別ルールには対応できなし、どうしてもエクセルに頼るしかないですよね。

F支配人
F支配人

覚える覚悟を決めてチャレンジしよう!

このまま、【SUM】【AVERAGE】などだけじゃどうにもなりません!

3,000円もするエクセルの分厚い辞書みたいな本を上下巻2冊買って、とりあえずセロ知識から始めてみました。

そうすると、意外と時間かからずに・・・リーグ成績表がエクセルで作成できるようになりました。

本を活用すれば、簡単に。とはいきませんでしたが・・・ここで本の紹介をするわけではありません。

実際900ページもある分厚い本2冊。合計1800ページ全ての内容がボウリングのリーグ成績表をエクセルで作るのに必要ないからです。

本には活用事例も書いてありますが、そのままでは使えなかったりするので、ちょっと工夫しなくてはいけませんでした。

これが一番苦労したかな。あとは、用語の意味が分からなかったり。

ピン君
ピン君

ちなみに、一番最初に覚えたエクセル関数ってなに?初心者向きなんでしょ。

F支配人
F支配人

そうだね。最初に覚えたのはエクセル関数のIFかな。

男女別のハイゲームなど探さなくてよくなったのでね。

IF関数で男女成績を振り分ける

エクセルIF関数もし~だったら使い方
ボウリングのリーグ成績表にかかわらず、エクセル関数IFを使うと非常に便利です。もし~だったら○、そうでなかったら×、というような条件って多いです。利用頻度が高いのでぜひマスターして業務効率化をしましょうね。
スポンサーリンク


これから記載する内容は、エクセルのプロが見たらエクセル自動化と言っても素人の作ったものかもしれませんが、私自身と使ってくれているスタッフにも成績表作成の上で作業時間短縮と間違えが少なくなるという点では、少しは役立っているようなので良しとしているレベルです。

エクセル自動化へは簡単に言うと、エクセルの数式+エクセルVBAです。

この2つ(エクセルの数式+エクセルVBA)をうまく組み合わせてリーグ成績表をエクセルで作ってしまえば、極端な例で言うと3ゲームのスコアーと勝敗ポイントだけ入力して、ボタンを押すと瞬時に並び替えされた成績表が出来上がり、同時にHG等もスコアー探して該当する名前も見つけ出してくれる。

それもボタンを押してわずか1秒以内。こんな便利なエクセルの機能を使わないなんて考えられないですよね。

ピン君
ピン君

ちょっとまって!なんでこんな事書いているの?

それはね、リーグごとにルールが違うし、エクセル関数やエクセルVBAの使い方が最初は一緒だったのに今では複数パターンができていて、どのパターンを使えばこのリーグに合うかを調べる時間が面倒になってきたので、どこかにまとめておかなくてはと思ったんだ。

あとは、スタッフブログならば何かを検索した時に、このページがヒットして西船ボウルを知ってもらえたらプラスになるかなってね。

ピン君
ピン君

せこいなあ~。世の中そんなに甘くないのになあ~

F支配人
F支配人

何もしないよりもいいんじゃない?

昔、むかーし・・・とは言っても数年前。

エクセル初心者の頃。

ピン君
ピン君

おいおい、いったい何を言っているんだよ?

リーグ成績表はパソコンの得意なスタッフに

F支配人
F支配人

業務命令!入力!

ピン君
ピン君

最低~!自分でやれ!
そんな心の叫びが聞こえそうな・・・

でもエクセル出来ないから・・・

そっちの方が早いし、別の仕事ができるから!

ピン君
ピン君

言い訳だろ~!

そんな日々でしたね。

ピン君
ピン君

回想している場合か!!覚えろ!

スポンサーリンク


エクセル初心者が陥りやすいシート地獄

ゼロから始めたエクセル。

そんなに時間もかからず、LTBサークル用の成績表ができちゃいました。

とは言っても、個人戦で15名ほどしか人数がいなかったのと、3ゲーム合計の【SUM】やアベレージ、ハイゲームやハイシリーズなどしか項目もないので簡単ですよね。

シートも1Wで1シートで15Wで15シート。

2W目の成績は1W目のスコアーにプラスしたり、ハイゲームは【MAX】で比較して表示。

F支配人
F支配人

こんな単純なリーグ成績表ならばなんとかできた。

昔のエクセルリーグ成績表

30週もやったらシートもそれ以上になっちゃう

このようなエクセルのシート地獄にしばらく耐えていましたが、いろいろやっているうちに、DGET関数を習得したことにより劇的にシート数が減りました。

日々リーグ成績表に入力をしていて面倒で苦痛で間違いやすい作業が、ハイゲームやハイシリーズを探すことでした。

落ち着いて探さないと見逃してしまい間違いの原因となっていたからです。

これが時間の無駄で非効率

それでも最初の頃は覚えたてのDGET関数を工夫して使うことで、HGやHSを探す時間を少しでも短く、そして間違えも無くなるようになりました。

ピン君
ピン君

DGET関数でシートの数が減ったのはいいけど、その前にその個人専用の成績表?の作り方が分からないよ!

F支配人
F支配人

どの辺が分からない?

ピン君
ピン君

そだね~!ハンデキャップかな!

F支配人
F支配人

それはハンデキャップの計算をするエクセルの数式や関数の事だね

それじゃあ、ハンデキャップの事を書いておいたからこのページを見るとわかると思うよ!

標準的なHDCPから男女別など7種類も、西船ボウルでは使っているからね。

ボウリングハンデキャップのつけ方
HDCPの種類はリーグのルールにより複雑に ボウリングの成績表(リーグ戦)で必ず必要になるのが、ハンデキャップ(HDCP)です。 ボウリングご予約の時に一番多く使われているのが、女性にだけハンデキャップをつけてあげることが多いですね。 だいだい何点ぐらいのハンデキャップが多いの?

そうだ、ハンデキャップで思い出しましたが、エクセル覚え始めた頃に小数点以下のアベレージからハンデキャップを算出するのにちょっと苦労しました。

四捨五入とか切り捨てとかで、思た通りのハンデキャップが表示されなくて。

結局、小数点以下を切り捨てるINT関数を使えば簡単に解決しました。

エクセルVBA?マクロ?

数年前までVBAって言葉すら知らなかったのですが、今では少しは理解できるようになりました。

現在でも出来上がったリーグ成績表もポイントのルールが変わったりすると、エクセルを改良したりしているので、そういった内容を書いていきます。

F支配人
F支配人

エクセル無しでは仕事にならない

時は流れ、営業成績の集計や人員削減などで、エクセルを覚えないと身動きできない状況に陥ってしまったので、心を入れ替えてエクセルに挑戦しました。

前にも書きましたが、エクセルの分厚い本を買って1から覚え始めました。

業務中はエクセルに向き合う時間が取れないので、時間的に苦労しましたね。当時は・・・

ピン君
ピン君

当たり前だ!それより本題に入れ!

最初に書いた通り、覚悟を決めて分厚い辞書みたいな本と向き合えば、当時でもここまでできるようになりました。ユーザーフォームを作ってボタンを押すと必要なシートへ移動して入力したい場所へワンクリックで移動できます。

ユーザーフォームを作る
オリジナルの入力フォームを作ることができるユーザーフォームの作り方をご紹介します。エクセルの学校に行っていないおじさんでもできたので、仕事の作業効率化の為にぜひマネして取り入れてみてはいかがですか?
リーグ成績表

根気があればボタンを作って自動化できた

例えば、スコアーを入力するならば、個人選択をクリックすると選手一覧(ユーザーフォーム)が表示されます。

画像は名前を4つしか入れてません。

西船橋さんのスコアーを入れる時は西船橋さんをクリックすると入力シートのセルへ移動します。移動後はスコアーとポイントを入力すると、またこの画面が出てくるので、次から次へとクリック➡スコアーの繰り返し。

ユーザーフォーム

クリック一つで終わり

全ての成績入力が終わったら、成績表をクリックすると自動的に指定した順位(ポイント順)で並び替えをして、HGやHSを探し終わると成績表シートが表示。

あとは印刷するだけです。

10分ぐらいで終わるかな。もちろんレコードシートをクリックすれば、対戦表を読み込んでから印刷してくれます。

それでももっと詳しい人ならば、さらに簡単にできるのかもしれませんね。

完成すると・・・

トップへ戻る