ANA VISA Suicaカードでマイルも貯まりオートチャージもできる

目次

全日空のANAカードとSuicaがひとつに

JR東日本の電子マネーSuicaは月間1億7千万件も利用されていて、発行枚数も5,900万枚もあるのですがSuicaにオートチャージできるクレジットカードはJR東日本発行のビューカードしかありません。

しかしわずかながらJR東日本以外が発行したクレジットカードでSuicaにオートチャージできるクレジットカードがあります。

それが今回お話しする「ANA VISA Suicaカード」です。

「ANA VISA Suicaカード」は国内大手航空会社「全日空」と三井住友VISAカードが発行しています。

その為にSuicaにオートチャージできるのは同じなのですが、発行元の違いから付与されるポイントが異なりますので、私自身がSuicaオートチャージできるクレジットカードを作る際に調べてことについて「ANA VISA Suicaカード」のメリットとデメリットをお話しいたします。

ANA VISA Suicaカード

前述の通り「ANA VISA Suicaカード」の発行元はJR東日本ではなく、「全日空と三井住友VISAカード」になります。いわゆる提携カードになります。

この為にビューカードの3つの特徴である「Suicaオートチャージ機能」・「JR東日本商品関連ポイント3倍」・「定期券機能」のうち、できることは「Suicaオートチャージ」のみとなります。

一言で言えば、

「ANA VISA Suicaカード」はANAカードなのです。

その為、ポイントは「VISAワールドプレゼントのポイント」が付与され、貯めたポイントをANAマイルやSuicaにチャージすることが可能なのです。提携カードでは数少ないので貴重な存在ですね。

ANA VISA Suicaカード基本情報

国際ブランド VISA
年会費 2,000円(税別)
※初年度無料
付属電子マネー Suica
付与ポイント VISAワールドプレゼント
ポイント還元率 0.5%~1% ※注

 ※注
・マイル移行の場合10マイルコースは年間手数料6,000円必要・5マイルコースは無料
・マイルの使い方により実質1.5倍になる

スポンサーリンク

持っているだけで1000マイル毎年もらえる

ANA VISA Suicaカードは入会時や毎年のカード継続時に、クレジットカードの利用の有無にかかわらず1,000マイルのボーナスマイルが付与されます。

このことから、ANAマイルをANA SKYコインに交換すると1マイル=1円~1.7円になりますので、年会費の半分は穴埋めできますね。

このANA SKYコインへマイルからの交換レートについては、ANAマイレージクラブの会員ステイタスやANAカードの種類(ゴールドカード等)に応じて、交換率が変動するので飛行機に乗る回数が多い方ほどお得になるシステムになっています。

参考までにライバル日本航空(JAL)のJALカードは搭乗時ボーナスマイルとなっているので、ANAカードのクレジットカード継続ボーナスマイルの方がお得なのです。

ANAを利用する方やANAマイルを貯めている方には価値あるカードだと思います。

Suicaにチャージでマイルが貯まる

Suicaにチャージすると通常のビューカードでは「ビューサンクスポイント」が3倍(還元率1.5%)付与されますが、ANA VISA Suicaカードの場合は「VISAワールドプレゼント」が付与されますので、ANAマイルへ移行したりSuicaへチャージすることもできます。

マイルコースについて

ANAカード何年も使っていても腑に落ちなかったのが、貯まったポイント「VISAワールドプレゼント」からANAマイルに移行する時に手数料がかかる点。ゴールドカードは手数料無料で移行できますが、私のような一般人は普通カードなので、年間6,000円もかかる10マイルコースは選びませんでした。5マイルコースを選ぶと年間交換手数料は無料なのです。

VISAカードのポイント付与は1,000円=1ポイントになります。

そして10マイルコースならば、1ポイント10マイルになるので、還元率1%になりますが、5マイルコースならば、1ポイント=5マイル(還元率0.5%)と普通なのです。

そしてついに全日空しかフライトのない地域への出張生活も終わってしまい、今度は日本航空しかフライトのない地域へ出張が増えてしまい、ANAカードからJALカードへ切り替えてしまいました。

ANA VISA Suicaカードまとめ

今までお話しした通り、全日空(ANA)の搭乗が多い方には1枚で鉄道・飛行機が利用できるのでお得な1枚のクレジットカードだと思います。

デメリット
私がANA VISA Suicaカードを選ばなかった理由

  1. 飛行機に乗らないとマイルが貯まりにくい
  2. ポイント交換手数料が6000円もかかる

この2点の理由でビックカメラSuicaカードにした理由です。

このデメリットを解消するには、ANAを利用すればするほどマイルがザクザク貯まるので負担感が無くなります。

以上を参考にビューカードを選んではいかがでしょうか?

<<おススメビューカードへ戻る<<

スポンサーリンク




こちらに記事も読まれています

あわせて読みたい
ずるいぞSuica!初期設定ではSuicaポイントが貯まらない 【電車や買い物で使える電子マネーSuica】 電車に乗る時はもちろん、駅ナカやコンビニなどの街中でも利用でき、煩わしい小銭のやり取りが不要になり便利な電子マネーSui...
あわせて読みたい
JREポイント共通化でポイント消える!? 【残念なJR東日本のポイントサービス】 2017年11月現在、JR東日本のポイントサービスと言えば残念ながら統一されてなく現行5種類あります。 しかも当然ながらポイントも...
あわせて読みたい
Suica入金はオートチャージできるクレジットカードがお得で必需品 【Suicaに現金で入金したら損します】 Suicaを初期設定のままではなくSuicaポイントクラブに加入登録してから、Suicaで買い物での支払いをするとSuicaポイントが貯まる...



JALマイレージクラブ

JALマイルを裏技なしの日常生活で貯める超簡単な方法を公開

出張族を卒業して飛行機に乗らない日々でもめんどうなことをしないでJALマイルを貯める陸マイラーに変身。その実践術をお伝えします



ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる