元日・JR西日本乗り放題きっぷ2018

JR西日本全線乗り放題きっぷフリーエリア

スポンサーリンク


博多から新潟まで往復16000円

JR西日本で全線乗り放題のフリーきっぷと言えば、秋に発売された「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」が思い起こされますが、

このフリーきっぷは数量限定だった為にあっという間に完売してしまい、ネット上では売り切れで買えなかったなんて言うつぶやきが多かったですね。

そのJR西日本から今年も元旦限定のフリーきっぷ「元日・JR西日本乗り放題きっぷ2018」の発売が2017年11月21日に発表になりました。

前回の「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」とは違い、利用日は元旦限定ですが、数量限定ではないので完売なんてことは無いですよ!

「元日・JR西日本乗り放題きっぷ2018」を使って博多6:08に乗って京都・金沢で乗り継いで12:59には上越妙高にたどり着けますので、たっぷりと鉄道旅を楽しむこともできますね。

元日・JR西日本乗り放題きっぷ2018フリーエリア

  • JR西日本全線
  • 智頭急行線全線
  • JR西日本宮島フェリー
元日・JR西日本乗り放題きっぷ2018ポイント
  1. JR西日本エリアでは、新幹線・特急も普通車自由席であれば何回でも利用可能
  2. ひとりでも利用できる
  3. 指定席を6回まで利用可能
  4. JR西日本のインターネット予約サービス「e5489」(いいごよやく)でも予約可能
  5. こどものみでの利用はできない

発売期間

2017年12月11日(月)から30日(土)まで

発売場所

  • インターネット予約「e5489」
  • 電話予約
  • JR西日本の主な駅の「みどりの窓口」
  • JR九州の小倉駅・博多駅
  • 主な旅行会社

販売価格

おとな こども
普通車用 16,000円 3,000円
グリーン車用 18,000円 5,000円

昨年までとの違い

昨年までは大人用の普通車用15,500円・グリーン車用17,500円で指定席は4回まで利用可能だったが、今年の「元日・JR西日本乗り放題きっぷ 2018」では、指定席が6回まで利用可能となり、指定席利用回数が2回増えたために値段も500円高くなっています。

また、JR西日本のインターネット予約サービス「e5489」(いいごよやく)でも予約可能になった点が異なります。
スポンサーリンク




こちらに記事も読まれています

まるごと日光・鬼怒川フリーパス特典内容

2017.10.10

青春18きっぷ+日光バスフリーパス

2017.09.18

日光・鬼怒川フリーパス

2017.09.16

JR四国全線乗り放題きっぷ

2017.09.11

JR西日本全線乗り放題きっぷ

2017.09.01
ブロトピ:節約・暮らし、なんでもOK!ブロトピ:国内旅行ブロトピ:YouTube – 日本の風景・伝統</a