つくばエクスプレス2020年3月最新鋭車両TX-3000運行開始

つくばエクスプレスTX-3000

スポンサーリンク


つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道株式会社は2018年6月7日、秋葉原からつくばまでの全線で運行できる交直両用タイプの新型車両TX-3000系を30両・5編成を2020年3月に導入し、運行開始すると発表されました。

つくばエクスプレスの車両と言えば、開業以来慣れ親しんだ秋葉原から守谷までの直流区間専用のTX-1000系と、守谷からつくばまでの交流区間も走ることができる交直両用のTX-2000系の2種類の車両が運行されていますね。

TX-2000系に関しては、開業後の予想外の利用者増加の為にマイナーチェンジして追加増備されました。

つくばエクスプレスのプレスリリースによると、新型車両TX-3000系のコンセプトは次のように書かれていました。

本車両は、TX-1000系とTX -2000系で培った技術を更に発展させた最新技術を採用するとともに、TX沿線に活力を与えるインパクトのある形状や四季に映える鮮やかなTXのコンセプトカラーであるブルーとレッドを車体カラーに取り入れるなど斬新なデザインとしました。
また、省エネ効果の拡大や車内犯罪の抑止、フリースペースを各車両に設置することで車椅子やベビーカーを使用するお客様にも優しい車両を実現しました。

出典:つくばエクスプレス

また、資料によると車両内に防犯カメラを設置して車内のセキュリティ向上や緊急時の状況把握のための前方監視カメラの設置もされます。

車内快適性の向上

現行車両のTX-1000系・TX-2000系に採用されている各ドア上部にある案内表示パネルがいかにも開業前に赤字覚悟の為に、コスト削減でさみしい案内パネルでしたが、新型車両のTX-3000系は42インチハーフの大型液晶パネルが全ドア上部に設置されます。

発表車内イメージを見る限りはかなり大きいですね。液晶パネルになる事で情報量も増えて、案内も今までの日本語と英語から中国語、韓国語も追加予定とのことです。

あとは、細かいところで、車内の大窓ガラスにはUVカットを施して紫外線を抑制したり、座席のクッション性を改良したり、連結面や座席横の仕切り、荷棚に透明な強化ガラスを採用し、車内の見通しを改善予定。

最高時速160㎞

つくばエクスプレスと言えば、踏切が一つもなく平面交差のない地下や高架のみの路線なので、建設時から開業時は最高速度130㎞。将来は160㎞に引き上げることを念頭に置いて設備は全て160㎞対応で建設されたそうでうですが、残念ながら今回のTX-3000系の発表を見ると、最高速度は130㎞となっていて、160㎞ではありませんでした。

まあ、2020年3月運行開始では無理ですかね。今後を期待しましょう、2020年3月が待ち遠しいですね、つくばエクスプレス利用者としてはね。

つくばエクスプレスTX-3000

画像:つくばエクスプレスプレスリリースより

つくばエクスプレスTX-3000車内

画像:つくばエクスプレスプレスリリースより


スポンサーリンク

新着記事

スポンサーリンク