富士芝桜へGWは渋滞で河口湖駅からバス120分

富士芝桜と富士山

スポンサーリンク


GWは大混雑で時間が読めない

山梨県の河口湖町で毎年「富士芝桜まつり」が行われています。開催期間は4月中旬から5月下旬までで、富士山をバックに芝桜が一面咲いています。東京からもそれほど遠くないので、芝桜が綺麗に咲いていてるこの時期は臨時列車や臨時バスなども運行され非常に人気のある観光地ですね。

臨時快速「富士芝桜号」

臨時快速「富士芝桜号」

今回はGWに臨時快速列車「富士芝桜号」の運行が発表されていたので、新宿から河口湖駅まで直通で行けるので予約しました。普段の土日に運行されているホリデー快速富士山や富士は、普段からあるので、富士芝桜号のほうが何となく希少価値があるかと勝手に思いました。混雑は承知で「富士芝桜まつり」に行ってきました。場所は山梨県南都留郡富士河口湖町。グーグルマップで見るとこの辺ですね。


スポンサーリンク


休日おでかけパスと芝桜ライナー

休日おでかけパスはJR東日本のおもに首都圏近郊区間で土日祝日利用限定で利用できるフリーパスで、中央本線だと大月までがエリアに入っているので、この「休日おでかけぱす」を利用しました。5月5日は、青春18きっぷの利用期間外なので鉄道を利用するならばこれが一番かな。

臨時快速・富士芝桜号

臨時快速・富士芝桜号は昔懐かしの国鉄カラーの車両(撮影は河口湖駅)

新宿駅発8:02の「臨時快速・富士芝桜号」に乗りました。車内は最近の特急列車ではなく昔のままって感じで懐かしく思いましたが、そんなことを言っている間もなく人がどんどん乗ってきて満席。車内アナウンスも「自由席はなく全席指定席ですべて完売・・・」でした。電車は定刻通り出発しましたが車両は特急車両、列車種別は快速、スピードは各駅停車以下みたいなスピードで、普段の土日ダイヤにGWの増発特急とホリデー快速の合間に運行させているような、ただ単に停車しないだけでしたね。大月駅の手前、確か猿橋駅あたりでホームのない待避線に入って特急列車の通過待ち。長かった。やっと動いたと、思ったら大月駅到着。そのまま富士急行線に入ってこれまたのんびり。そのおかげで車内から富士山がとても綺麗に見ることができました。

富士急行線富士山

富士急行線を走行中の車内から撮影

河口湖駅10:19に到着。改札で富士急行線分の乗車券代を払って今度はバスで富士芝桜まつり会場へ。予想はしていましたが、それ以上の大混雑。バス乗り場はロータリーの反対側なのに改札を出てすぐ目の前まで行列がある。しかも2列。並んでいる人に聞いたら、同じ目的の「芝桜ライナー」のチケット購入の行列とチケット購入した人がバスに乗るための行列でした。10分かかってようやくチケット購入して、今度はバスの順番待ち。バスもダイヤは大幅に乱れて臨時バスも全て出動しても足りないというアナウンス。20分なんの動きもなく行列が長くなるだけでしたが、10:50。バスが来たけどとても乗れそうにないと思ったら一気に4台もバスがきたので何とか乗車。しかし・・・出発してスイスイ進んでいるのにこの先渋滞で予定時間の30分では到着できなく、予定時刻は12:30頃というアナウンスが・・・しばらくして本当に動かなくなりました。

結局到着したのは12:50なので、120分!4倍の時間がかかりました。到着して分かったのですが、以前訪れた「明野ひまわり畑」の会場と同じで、一般車の駐車場の中にバスの停車場があるので、駐車場が満車なので一般車が動けない。その為バスも進めない。それはさておき、帰りも「富士芝桜号16:14」なので、もし帰りも120分かかるとしたら60分ぐらいしか滞在できないということになってしまいました。念のため帰りのバスの運行について聞いてみたろころ、ピストン輸送状態なので時刻表はあてにならないそうでした。

ちなみに芝桜ライナーは、河口湖駅の往復バス乗車券と富士芝桜まつり入園券がセットになった2,000円で購入できるチケットです。

富士芝桜まつりホームページ
JR東日本・休日おでかけパス
芝桜ライナー時刻表

山梨県でお勧め日帰り観光

富士芝桜まつり会場へ

富士芝桜まつり会場入り口で芝桜ライナーのチケットを提示して入場しました。入場券購入口は長蛇の列だったので、おそらくマイカーで富士芝桜まつりに訪れた方が並んでいるんだと思います。その行列に並ばずに済んだのでちょっと得した気分。しばらく両サイドにお土産屋さんが立ち並ぶエリアを歩いていると、広々とした見晴らしがよく一面芝桜が現れました。

富士芝桜まつり会場

富士芝桜まつり会場

富士芝桜まつり会場

山と芝桜と湖が見事

快晴の天候で芝桜も鮮やかに見ることができますが、やはりゴールデンウィーク真っ只中の5月5日なので、遠くに人込みの嫌な予感。当たり前ですが、これだけ綺麗な景色を撮影したい気持ちは私も含めてみんな一緒。立ち止まってパシャリ!スムーズに歩き進めるはずもない。

富士芝桜まつり会場

人の大渋滞

歩いては止まり、写真を撮ってまた歩きを繰り返していると、芝桜で覆われて富士山と本物の富士山が現れました。こんな晴天に恵まれてラッキーですね。写真をとお思う人は皆一緒。順番に並んでやっと撮影できました。

富士芝桜まつり会場

芝桜富士と本物の富士山

富士芝桜まつり会場

人が映らないようにローアングルから撮影

富士芝桜まつり会場

紫色の芝桜

それにしても人が多い。日本人も多いけど、外国人の方も多い。さっきの芝桜富士山と富士山を撮影した場所の後ろには木造の展望台が撮影ポイントとしてありましたが、そこは大渋滞。並んで写真を撮ろうかと思いましたが、時刻は13:20。30分間で一応一回りはできたので、行列の最後尾にいた係員に聞いたら20分は並ぶといわれたので、帰りのバスが気になっていたので、あきらめました。

富士芝桜まつり会場内にプレハブの臨時飲食コーナーに行きましたが、やっぱり何を買うのも並び、座って食べるスペースも満席。みんな道の端に座って食べていました。時間もあまりないので、立ってでもちゃべられそうな富士宮焼きそばを買って食べて、もう半周回って会場を後にしました。結局会場には60分しかいませんしたが、良しとしましょうね。時刻は13:50振り返ると人がもっと増えていました。

富士芝桜まつり会場

更に混雑の富士芝桜まつり会場

富士芝桜まつり会場のバス乗り場へ行くと、予想通り並んでいました。そしてバスの時刻表はあてにならず、混雑の為にバスが到着次第すぐに発車するとのアナウンスがありました。15分ぐらい待っていたら、2台のバスが到着して満員の乗客を降ろしたらすぐに乗車できてそして出発。駐車場を出るのに一苦労していましたが、その後は行と違いスイスイ進んで行きました。なんとと言ったら失礼かもしれませんが40分で河口湖駅到着。確かパンフレットには35分と書いてあったので、行に比べたらほぼ定刻。帰りの臨時快速富士芝桜号は16:14発。約90分も時間が余ってしまいました。河口湖駅の駅員さんに聞いたら、河口湖まで歩いて15分で行けるそうなので、歩いてみました。

河口湖駅

富士急・河口湖駅

河口湖

河口湖駅からは下り坂10分で到着

湖畔でのんびり30分ぐらい過ごして河口湖駅へ歩いて戻りました。当たり前ですが、さっきは下ってきたので今度は上り坂。以外にきついのぼりが駅まで続きます。帰りは18分もかかってました。駅に戻ると大混雑。みんな帰る時間ですもね。予約してある臨時快速芝桜号は全車指定席ですが、その数分前に発車する「ホリデー快速富士山」は自由席があるみたいですね。ギュウギュウ詰めで発車しました。

ホリデー快速富士山

ホリデー快速富士山

16:14に河口湖駅を出発して18:28に新宿駅に無事到着しました。富士芝桜まつりは5月末まで開催しているので、今回は「臨時快速芝桜号」乗りたい為にこの日を選びましたが、次回はもう少し空いている撮影しやすい日を選んで訪れようと思ってます。

JR指定席券はみどりの窓口でも1か月前から購入でき、えきねっとならば1か月前プラス1週間前から予約できるのでえきねっとが便利ですね。

JR東日本・夏の増発列車のお知らせ(2017年7月~9月)
えきねっとへ

スポンサーリンク



富士芝桜まつりまとめ

新宿 駅発08:02(臨時快速芝桜号河口湖行)
河口湖駅着10:19

河口湖駅からバスで120分(通常は30分と時刻表表記)

富士芝桜まつり会場で60分滞在

河口湖駅までバス40分(通常は35分と時刻表表記)

河口湖まで徒歩10分(下り坂)

河口湖湖畔で30分滞在

河口湖駅まで徒歩18分(上り坂)

河口湖駅発16:14(臨時快速芝桜号新宿行)
新宿 駅着18:28

休日おでかけパスを使うとお得
  • 休日お出かけパスを使用・・・2,670円(片道1330円以上の区間はお得)
  • 臨時快速芝桜号指定席券×2回・・・1,040円
  • 富士急行線乗車券×2回・・・2,280円
  • 芝桜ライナー・・・2,000円
  • 合計7,990円

・所要時間:約10時間30分

◆参考リンク先

富士芝桜まつりホームページ
JR東日本・休日おでかけパス
芝桜ライナー時刻表
JR東日本・夏の増発列車のお知らせ(2017年7月~9月)
えきねっとへ