東武野田線が急行運転区間拡大へ

アーバンパークライン急行ひとりごと
画像:東武鉄道ニュースリリースより

スポンサーリンク


急行・船橋発柏行

2018年5月25日 update

2020年春、船橋市民の方も多く使われている東武アーバンパークライン。

というより野田線の方が長年使われていたので分かりやすかもしれませんね。

何年か前に急に愛称で呼ばれるようになりましたが、野田線が国土交通省の法的な路線名だそうです。

そんなことはさておき、野田線では六実~逆井間が単線なのですが、2019年を目途に複線化工事が行われていますね。

これが完成した後に、複線区間の柏~運河を含めて急行運転が開始されると発表されました。

東武鉄道のニュースリリースによると、急行列車の停車駅は「船橋」「新鎌ヶ谷」「柏」「流山おおたかの森」「運河」のようです。

アーバンパークライン急行

画像:東武鉄道ニュースリリースより

F支配人
F支配人

なるほど、乗換駅のみの停車だね。

運河駅から先は単線だから止まるしかないようですね。それ以上の事は発表されていないので分からないですね。

ただ、すでにアーバンパークラインで急行運転されている大宮~春日部間の運行状況から、急行運転されるのは平日の10時~16時の間だけ。

土日祝は8時から20時でおおよそ30分に1本の急行運転なのかな?

船橋から柏へ30分かかっているのが、急行だと20分になりそうですね。

F支配人
F支配人

もっと長い時間急行運転してくれると便利なんですけどね。

また!西船ボウルと関係ないけど、船橋関連だから今日は許そう!

野田線利用者なんでちょっと便利になるからね。

東武鉄道ニュースリリース

トップへ戻る