常磐線と水戸線のE531系でドア開閉が通年ボタン式へ

目次

2017年12月1日より実施

JR東日本水戸支社は2017年11月21日(火)、常磐線と水戸線で使用しているE531系交直両用電車で、乗降用ドアの開閉を通年にわたりボタン式に変更すると発表しました。

JR東日本のプレスリリースを見ると、ボタン式に変更する理由として電車内の温度を維持することで快適な車内環境の提供を目的としています。

ボタン式の実施区間は、常磐線の土浦~友部~水戸~いわき~富岡。水戸線全線(友部~小山)で運用開始は2017年12月1日の始発から通年実施です。

対象となる車両は、E531系交直両用電車です。

これから寒くなる時期や夏の暑い日に、乗り降りの少ない駅で無駄にドアが全て開いてしまって電車内の温度が急激に変化することが無くなるので、とてもいいことだと思いますよね。

鉄道ニュース

[catlist tags=”train-news”]

もっと見る>>

スポンサーリンク




こちらに記事も読まれています

[kanren postid=”4850,2692,2651,2427,2117″]
[aside type=”boader”]
[colwrap]
[col2]JALマイレージクラブ[/col2]
[col2]JALマイルを裏技なしの日常生活で貯める超簡単な方法を公開

出張族を卒業して飛行機に乗らない日々でもめんどうなことをしないでJALマイルを貯める陸マイラーに変身。その実践術をお伝えします[/col2]
[/colwrap][/aside]
[kanren postid=”3575,3881″]

節約したスマホ料金で旅費を捻出
青春18きっぷで行こう~絶景を求めて

ブロトピ:節約・暮らし、なんでもOK!
ブロトピ:国内旅行

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる