ユーザーフォームの複数のテキストボックスにセルの値をまとめて記載する

Loop繰り返し処理VBAユーザーフォーム

スポンサーリンク


スポンサーリンク

セルA1の値はTextBox1へ…セルA10の値はTextBox10へ

ユーザーフォームに配置しているテキストボックス(TextBox)が数個ならばひとつひとつコードを記述すればいいけど、

たくさんあったらコードを書き続けるのはとても面倒ですし、間違えの原因になりますよね。

例えば、セルA1、A2、A3に記載された文字や数字を指定したユーザーフォームに配置されたテキストボックス(TextBox1,2,3)にコマンドボタンを押すと転記するコードを書いてみます。

記載されているシートは、Sheet1。

転記したいユーザーフォームは、UserForm1、テキストボックスは、TextBox1,2,3。

転記実行ボタンは、CommandButton1。

Private Sub CommandButton1_Click()
UserForm1.TextBox1.Value = Worksheets(“sheet1”).Range(“A1”).Value
UserForm1.TextBox2.Value = Worksheets(“sheet1”).Range(“A2”).Value
UserForm1.TextBox3.Value = Worksheets(“sheet1”).Range(“A3”).Value
End Sub

これで、コマンドボタンを押すとユーザーフォームに配置しているTextBox1にsheet1のセルA1、TextBox2にsheet1のセルA2、TextBox3にsheet1のセルA3、がそれぞれ転記されます。

このように3つぐらいなら、コードも短いですし、間違えることは無さそうなのですが、

これが、10個、20個、30個・・・となったら大変ですよね。

For~Next

そこで、エクセルVBAで多く使われているFor~Nextですが、「指定した回数だけ処理を繰り返す」というものです。

ユーザーフォームに配置したそれぞれのテキストボックスにそれぞれのセルに入力された値が、コマンドボタンで指定したテキストボックスに転記されます。

とても便利で簡単なので使わないなんて損ですよね。

実際には下記のようなコードを書いています。

Private Sub CommandButton1_Click()
Dim i As Long
With UserForm1
For i = 201 To 240
UserForm1.Controls(“TextBox” & i – 200).Value = Worksheets(“sheet1”).Cells(i, “A”).Value
Next i
End With
End Sub

これが基本的に繰り返しそれぞれのテキストボックス入力された値をセルにそれぞれ転記するコードになります。

  1. ユーザーフォームのコマンドボタン(CommandButton1)を押したら
  2. 数字が変わる部分を変数「i」として、変わる数字が201~240
  3. 変数「i」-200は、TextBox1~40に指定することです。(-200を入れないとTextBoxも201~240となって存在しないのでエラーになってしまうためです。)
  4. 「”A”」はA列を表しています。セルで言うと最初のセルは「A201」、最後のセルは「A240」になります。
  5. Valueで転記するという指示です。
  6. ユーザーフォーム(UserForm1)に設置されているコントロールのテキストボックス(TextBox「i」も1~40)に入力された値とイコールにする。
  7. この作業を「i」に書いてある1~40まで繰り返して行う

これでTextBox1の値はセル「A201」から取得、TextBox40の値はセル「A240」と、順番にセルの値をテキストボックスに順番に転記してくれます。
スポンサーリンク

波乗りアヒル
波乗りアヒル

ご覧いただきありがとうございます。

ブログランキングに登録しています。

少しでもお役に立てれば幸いで、参考になったようでしたら応援よろしくお願いします。


Microsoft Officeランキング

ユーザーフォームを使えばこんなに便利に早く作業が終わりますよ
波乗りアヒル
波乗りアヒル

エクセルの勉強お疲れ様です。ちょっとひと休みしませんか?

タイトルとURLをコピーしました