ユーザーフォームのテキストボックスの入力可能文字を半角英数だけにする方法

テキストボックスコントロールプロパティテキストボックス

エクセル住所録などでデータ入力面倒って感じたことありませんか?

名前・住所などは全角ひらがな、フリガナは全角カタカナ、電話番号は半角英数だから、切り替えるのがめんどくさいって思いませんか?

オリジナル入力フォームのユーザーフォームを使えば、配置したテキストボックスごとにIMEモードを設定すれば解決しますよ!

ユーザーフォームについてはここでは省略しますので、使い方などは下記をご覧くださいませ。

スポンサーリンク

コントロールのプロパティで設定する

ユーザーフォーム上にテキストボックス(TextBox)を配置すると文字を入力できる枠ができ、何も設定しなくてもすぐに使えます。

文字入力後に普通に変換作業(半角英数やカタカナなど)ができます。

例えば、名前のフリガナを入力するテキストボックスには、最初からカタカナで表示されていれば変換の手間が省けますし、電話番号を入力するテキストボックスには最初から半角英数になっていれば、便利ですよね。

そこで、ユーザーフォームの文字の種類を指定したいテキストボックスを選んでプロパティで文字をあらかじめ指定しておきましょう。

listboxプロパティ

listboxプロパティ

  1. このテキストボックスのプロパティの表示方法は簡単です。文字の種類を指定したいテキストボックス(TextBox)をクリックします
  2. 左下に表示されるテキストボックスのプロパティが表示されます
  3. 中央付近にある【IME Mode】をクリック
  4. ▽が表示されるのでクリック
  5. 【0】~【8】の指定したい文字種類をクリックします
  6. これで、設定が完了します。
IMEモード

IMEモード

IMEモードの種類

種類(定数)入力文字(内容)
0-fmIMEModeNoControl入力モードを変更しない(既定値)
1-fmIMEModeOnIMEをオンにする
2-fmIMEModeOffIMEをオフにする(英語モードにする)
3-fmIMEModeDisableIMEを使えなくする(キーボード操作できない)
4-fmIMEModeHiraganaひらがなにする
5-fmIMEModeKatakana全角カタカナにする
6-fmIMEModeKatakanaHalf半角カタカナにする
7-fmIMEModeAlphaFull全角英数にする
8-fmIMEModeAlpha半角英数にする

このIMEモードは、ユーザーフォームに配置したテキストボックスひとつひとつそれぞれ個別に設定できるので、住所録などの入力フォームを作った時には設定しておくと、名前などを入力する時にいちいち変換しなくていいのでとても便利で、仕事などの作業効率が上がりました。

VBAコードを記述すれば、当然設定できますが毎回変更が無ければあらかじめプロパティを設定するだけで複雑なコードを書かなくて済むのでとっても便利ですよ!

タイトルとURLをコピーしました