コマンドボタンを押すとホームページやメールを開く方法

Excel-VBAファイルの操作

コマンドボタン押したらホームページが開いたり、メールが送れたら便利だと思いませんか?

オリジナル入力フォームを作ったら、使い方についての説明を用意しなくてはいけません。

取扱説明書ってほどのものを作る程度でもないので、WEB上にアップしておけば書き換えも簡単ですし、いつでも見られますよね。

そう思ったので、コマンドボタンを押したら、指定したWEBが開いたり、メールが送れたら便利じゃないかなって思ったので、実践してみました。

スポンサーリンク

コマンドボタンにハイパーリンクを設定する

ハイパーリンクとは、ホームページなどのリンク先が設定されている文字列や図形の事です。

ホームページなどでよく見かけるハイパーリンク先をクリックすると、設定されているリンク先にジャンプすることができます。(別ページでホームページが開く)

リンク先には、ホームページやメールアドレスやエクセルブック内の別シートなどを設定することができますよね。

ここでは、ユーザーフォームに配置しているコマンドボタンを押すとホームページが開いたり、メール送信ができるようにする設定をします。

WorkBook.FollowHyperlinkメソッド

ハイパーリンクを実行するにはHyperlink.Followメソッドを使いますが、WorkbookオブジェクトのFollowHyperlinkメソッドを使うと、たった1行書くだけでコマンドボタンに登録できます。

リンク先ホームページはこのサイトのHome(https://tripbowl.com/excel-vba/)とします。

ホームページを開く

Private Sub CommandButton1_Click()
ActiveWorkbook.FollowHyperlink Address:=”https://tripbowl.com/excel-vba/”
End Sub

VBA解説
  1. コマンドボタン1を押したら
  2. ハイパーリンク先のhttps://tripbowl.com/excel-vba/を開く
  3. マクロ終了

ホントにたったこれだけなんでホームページが開きます。

次にメールソフトを立ち上げましょう。

メール宛先をこのサイトのメールアドレス(info@tripbowl.com)を入力してメールソフトを立ち上げます。

メールソフトを立ち上げる

Private Sub CommandButton2_Click()
ActiveWorkbook.FollowHyperlink Address:=”mailto:info@tripbowl.com”
End Sub

VBA解説
  1. コマンドボタン2を押したら
  2. ハイパーリンク先の宛先をinfo@tripbowl.comでメールソフトを開く
  3. マクロ終了
波乗りアヒル
波乗りアヒル

ポイントは、メールアドレスの前に【mailto:】をつけるだけです。

 

それでは、住所録入力フォームに戻りましょう

タイトルとURLをコピーしました