エクセルVBAのFindFileでファイルを開くダイアログボックス表示

Excel-VBAファイルの操作

エクセルを使っていて、別のエクセルファイルのデータを参照したい時には、今使用中のエクセルと同時に別のエクセルファイルを開こうと・・・

  1. マイコンピューターから
  2. ファイルを開く画面を表示して
  3. 目的のエクセルファイルをクリック

という、作業しませんか?

1と2の作業はたった1行のVBAコードですぐに開くことができます。

スポンサーリンク

Application.FindFileでダイアログが呼び出せる

ファイルを開くダイアログ表示方法は、いくつかあります。

ファイルの種類を指定したり、フォルダーやドライブも指定してからダイアログを開くこともできますが、ちょっとだけVBAコードが長くなるので、とにかくシンプルに!という方にはこれで解決です。

ファイルを開くダイアログ表示

Private Sub CommandButton1_Click()
Application.FindFile
End Sub

VBA解説
  1. コマンドボタン1がクリックされたら
  2. ファイルを開くダイアログ表示する
  3. マクロ記録終了

たったこれだけでいいのでとても簡単です。

これで自由に開きたいファイルを選んで開くを押すだけで、選んだファイルが開きます。

更に応用で、開いたファイルからデータを取り込み終わったら、開いたファイルを閉じることもできるので、実用性が上がりますよ。

ついでにダイアログ繋がりで、複数台のプリンターがある場合は印刷時にプリンター選択ダイアログが表示させることも可能です。

スポンサーリンク