富戸駅から徒歩20分で宇根展望台へ

宇根展望台からの絶景を独り占め

宇根展望台北側春に発売される青春18きっぷでのんびり鉄道旅で観光に行くならば、桜は必ず見に行きたいですよね。そうはいっても、いつでも自由に行けるはずもなく、桜の開花時期と仕事の休みの日、一番大事なのが天気。

3つの条件が合わないとなかなか出かけることはできませんよね。

休みの前日までに天気予報とインターネットやテレビなどで桜の開花状況を調べて、条件が合いそうな桜の名所へ出かけました。

今回は、伊豆へ・・・

伊豆といえば、2月下旬ごろの河津桜の桜まつりが有名ですが、青春18きっぷの利用期間前なのでね。と、言うことで、伊豆でどこか行こうと思い城ヶ崎海岸を目指して日帰り観光に決まました。せっかくの晴天なので、軽く散歩の意味合いも込めて、伊豆急・城ヶ崎海岸駅から直接城ヶ崎海岸を目指すのではなく、ひと駅手前の富戸駅で下車して海岸沿いを徒歩で城ヶ崎海岸を目指す事にしました。平日日中ですが春休みということもあり電車もそこそこの混雑。ところが富戸駅で下車するのはたったの4人。失敗したかなと思いながら、まずは海岸を目指して歩きました。

すると、小さく看板発見。宇根展望台?どこそれって感じ。住宅の間の細い脇道に入りしばらくすると絶景が!もちろん誰もいないので独占。

スポンサーリンク


宇根展望台

東京9:08発の上野東京ライン・東海道本線快速アクティー熱海行に乗車。通勤時間帯を過ぎているので空いていると思いましたが春休みなので青春18きっぷを利用して観光に行きそうな人たちがそこそこ乗車しているので、座っていくことも出来ず、熱海駅に10:47着。伊東線11:09発に乗り継いで伊豆急行直通・伊豆急下田行きに乗車。青春18きっぷの圏外になる伊豆急行線だから空いていると思いきや、6両編成で短いので意外に混雑。やっぱり座れず、11:51に富戸駅に到着。先ほど書いた通り、乗っている乗客の割にはほとんど降りない。ちょっと不安になりながらも、青春18きっぷの圏外なので、伊東駅ー富戸駅間の運賃490円を改札で駅員さんにを支払い海を探すが全く見えない。駅を出て下り坂になっている左方向へのんびり歩きだしました。

グーグルマップで調べたら、富戸駅から城ケ崎海岸の吊り橋まで2.9キロ38分と表示。城ケ崎海岸から城ケ崎海岸駅まで1.7キロ24分と表示。合わせて1時間ちょっとの散歩かな。吊り橋で30分ぐらいの滞在時間を予定して、トータル90分。そんな計画を立てて来たのですが、富戸駅から歩いて20分で予定が大きく変わりました。

宇根展望台看板

それは宇根展望台という小さな看板を見つけてしまったからでした。ミラーの大きさとほぼ同じ看板なので車でしたら見逃しますね。しかも看板は路地にあるので、車で観光客が通る道ではなさそうです。

通常なら通り過ぎるのですが、時間もあるし天気もいいし、展望台っていうのだから景色がいいかもしれないと勝手に思い、立ち寄ることにしました。富戸駅から15分ほど歩いてますが、車は走ってますが、徒歩ですれ違う人はなし。誰もいないので不安には思いながら。それでも歩いてみました。

本当に道合っているのだろうか?不安になる細い路地を進み、分かれ道。ここに看板が欲しいですね。野生の感で左へ曲がると。

宇根展望台分かれ道

分かれ道で間違ったと思わせる行き止まりっぽく見える景色。展望台なのに駐車場らしきところもなし。でも何となく左に歩いて行けそうな感じがするので行ってみよう。
宇根展望台入口

宇根展望台

100メートルぐらい歩くと周りを見渡せるようになり、先には展望台らしき構造物が見えてきました。しかもひっそりとたたずんでいるのがかわいらしい。平日だけど春休みでしたが、誰もいないので独占して景色をのんびり思う存分楽しめそうだ。近くに行ったら、あんまり人が来ている感じがしない。
平日なので誰もいないのでのんびり独占して景色を眺めることができました。

宇根展望台
展望台から見えた絶景です。快晴だったので海の色もすごく鮮やかできれい。写真で見るよりも実際はエメラルドグリーンの海でした。
宇根展望台

宇根展望台から北側

 宇根展望台
予定外寄り道の宇根展望台で15分ぐらい景色を眺めた後、当初予定の城ケ崎海岸の吊り橋を目指して移動開始。海岸沿いを歩いて30分。城ヶ崎海岸のピクニカルコース入口到着。吊り橋目指してハイキングかな。普段着だけど。

スポンサーリンク



城ケ崎海岸

城ケ崎ピクニカルコース看板宇根展望台から県道109号線を南下。時々車が通りますが、それほど気になるような交通量でもなく、10分ほど歩いたら看板発見。歩いてきた道のりが正しかったことを確認して、城ケ崎海岸を目指そうと再確認をしたはずが、城ケ崎ピクニカルコースを見つけてしまいました。海岸沿いを歩くコースみたいなので、遠回りになるけど県道を歩くよりも景色が見れそうな方がいいもんね。そういえばこの看板、宇根展望台にもあったね。景色に夢中で看板よく見てなかったからピクニカルコースの事見逃してた。

城ケ崎ピクニカルコース看板小さな漁港を通り過ぎ更に20分ほど歩いてようやく城ケ崎ピクニカルコース入口を発見。どんな景色が見られるのか楽しみでした。県道を歩くのはつまらないですからね。4月ともなれば、快晴の天気だと直射日光やアスファルトの照り返しで、汗が止まらない。

城ケ崎ピクニカルコース

遠くに宇根展望台さっきまでの汗ばむ状況が一変。見る限り森林の中を歩くので涼しく歩きやすかったです。城ケ崎ピクニカルコースを歩くだけならば普通の靴でいいですが、途中の岩場へ行って海に近づいて景色を見るには、靴は運動靴が必要ですよ。海風がとても心地よく、最初に寄り道した宇根展望台が遠くに見える。(写真だと見えないね)魚見小屋を通り過ぎ、波音を聞きながらのんびり歩くのっていいですね。城ヶ崎海岸の吊り橋まで40分間の散策です。海・松・岩場・森林を見ながらのピクニカルコースでした。

 

 

 

城ケ崎ピクニカルコース岩場城ケ崎ピクニカルコース城ケ崎ピクニカルコース
ここまでで半分の20分。まだまだ続く城ケ崎ピクニカルコース。
城ケ崎ピクニカルコース松と海城ケ崎ピクニカルコース岩と海城ケ崎ピクニカルコース城ケ崎ピクニカルコース城ケ崎ピクニカルコース

城ヶ崎海岸吊り橋

城ヶ崎海岸吊り橋

城ヶ崎海岸吊り橋

残り半分の20分歩き、城ケ崎ピクニカルコース入口から40分で城ヶ崎海岸にある有名な吊り橋に到着しました。さっきの宇根展望台と比べると観光客がたくさんいます。さっきまで感じなかった、写真を撮るのがひと苦労になりました。しばらく待って、人がいなくなったタイミングでパシャリ。帰りの駐車場で気づいたのですが、観光バスまで来てました。もちろん外国人の方もいらっしゃいましたね。

ところが、この時間になって急に雲が出てきてあっという間に海の色がだんだんと鮮やかさを失ってしまいました。急いで灯台へ上り景色を撮りましたが、時すでに遅し、海の色が灰色っぽくなってしまいました。

城ヶ崎海岸の灯台は無料で登れますが、急な階段と狭いスペースでした。また、ワイヤー入りのガラスで窓も開かないのでご注意を。もう少し景色を眺める予定でしたが、曇ってしまってさっきまでの景色ではなくなったので20分滞在してトイレを済ませて出発、伊豆急行線・城ヶ崎海岸駅へ向かう途中のお目当ての桜並木道へ。

城ヶ崎海岸吊り橋から北側

城ヶ崎海岸吊り橋から北側

城ヶ崎海岸灯台から北側

城ヶ崎海岸灯台から北側

城ヶ崎海岸灯台から南側

城ヶ崎海岸灯台から南側

城ヶ崎海岸桜並木道

城ヶ崎海岸桜並木道城ヶ崎海岸から伊豆急行・城ヶ崎海岸駅へ向かう途中に桜並木道が続いていましたが、今年は開花が遅れているとはいえ、2017年4月6日。満開だろうと思っていましたが、早かったようでした。今年の満開は4月12日頃だったようですね。

30分歩いて城ヶ崎海岸駅に到着しました。富戸駅から寄り道をしながら歩いてトータル2時間15分。桜並木が満開だったら写真をたくさん撮るのでもう少し時間かかったかもしれませんね。googleで検索しておおよそ1時間半で旅行計画を立てましたが、実際歩くといろいろな寄り道や発見があるので時間は読めないですよね。また、城ヶ崎海岸駅周辺には喫煙所はありませんので愛煙家のみなさんは我慢してね。

 

 

城ヶ崎海岸桜並木道

城ヶ崎海岸駅の桜はつぼみのまま残念

青春18きっぷで観光まとめ

東 京  発 09:08 東海道本線・熱海行
熱 海  着 10:47 ※快速アクティー
発 11:09 伊東線・伊豆急下田行
富 戸  着 11:51 ※伊豆急行線別途490円

宇根展望台まで徒歩20分・滞在15分
城ケ崎海岸ピクニカルコースまで徒歩30分
吊り橋まで徒歩40分・滞在20分
城ケ崎海岸駅まで徒歩30分

城ケ崎海岸 発 14:27 伊豆急行線別途580円
熱 海   着 15:14 伊東線直通運転

熱海駅改札外隣接の商業施設ラスカ熱海で地元物産品を購入するのもいいかもね

熱 海   発 16:06 上野東京ライン・宇都宮行
東 京   着 17:43 ※快速アクティー

【トータル時間】 8時間半
【別途料金合計】 1,070円

※普通車グリーン車も利用可能です。
※事前購入またはモバイルSuicaクリーン券1回乗車分
・平日980円、土休日780円


関連記事・リンク
スポンサーリンク






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA