JALマイルを裏技なしの日常生活で貯める超簡単な方法を公開

JALマイレージクラブ

昔は出張族今は陸マイラー

2017年10月25日更新

JALのマイルで無料航空券で旅行に行くと聞くと、出張とかないから飛行機に乗る機会が無いのでマイルなんて貯まらないとよく聞きますが、私も飛行機に乗るのは年間1回(1往復なので搭乗回数は2回)しかありせん。10年ぐらい前は出張族で、月3回(3往復で登場回数6回)は飛行機に年間で70回搭乗してましたね。
当時はマイルがどんどんたまりましたが、それも今は昔。それでも飛行機に乗らなくなった今でも、毎年20,000マイル~30,000マイルは貯まっています。そしてこの貯めたマイルで旅行に行ってます。ちょっとした工夫をするだけでテレビや雑誌に書かれているように、本当に貯まります。

でもあんまり極端にマイルに固執した生活も窮屈になるので、普段の生活でできることをやっているだけなんです。もちろん私が実践している方法よりももっとマイルが貯まる方法はたくさんあります。例えば、ポイントサイトや交換サイトをフル活用して、アンケートやゲームなどでポイントが貯まり、そのポイントをJALのマイルに交換するとか、還元率のいいクレジットカードを作ってカードのポイントをポイント交換してJALマイルにするとか。

ポイントサイト漬け生活できますか

あげたらきりがないのですが、飛行機に乗らなくなってJALマイルが全然たまらなくなってしまい、頑張って貯めようと思い、先ほどお話ししたようにポイントサイトをいくつも登録して同じようなアンケートに答えてポイントをマイルに交換するように試してみましたが、時間が足りない。必要のないクレジットカードも作りたくないのでポインともたまらず、アンケートとかに費やしている時間の割にはポイントが貯まらないので1か月ぐらい頑張ってみましたが、続けられませんでした。

ポイントが1000ポイント貯まっても、交換できないので10000ポイントで交換できるポイントサイトなのですが、たったの200マイル。ということは10か月も必死に時間を費やしてやっと獲得できるマイルなんですね。今でも1つだけポイントタウンを利用していますが、月1回ちょっとした買い物をする時に使うぐらいかな。年間で200マイル貰えるぐらいかな。その為にあんまり期待していませんがゼロよりはいいですよね。使っている理由はスマホアプリで万歩計機能があり、歩いた歩数に応じてポイントタウンのポイントが加算されるので仕事している間に歩くと勝手に貯まっているって感じなのでやっている感ないのですがね。あとは、GMOが運営しているポイントサイトで交換手数料も無料だから安心してやっているぐらいかな。

ポイントタウンホームページへ

このようなことから、インターネットに載っている年間10万マイル貯まるとかではなく、実際の生活でJALマイルが貯まればそれでよし。って感じでコツコツJALマイル貯めてます。もちろん生活圏にJALマイルが貯まりそうなお店がなければ難しいかもしれませんね。それでは私が実践している方法を書いていきます。




絶対必需品のJALカード

JALマイルが貯まるカードとして無料でクレジット機能のないJALマイレージカードがありますが、飛行機に乗る人ならば持っててもいいかもしれませんが、普段の生活では全く不必要です。また、総合スーパーのイオン系列で発行しているJALカードWAONも持ってていても損はありませんが、200円で1マイルの還元率なので、もし私がこのカードでJALマイルを貯めていたら、おそらく年間で10,000マイル貯める自信がありません。と、いうか貯まりません。

年会費が発生しますがJALカードが必需品なのです。年会費は2,160円。クレジットカードは年会費無料が世間ではあふれているのに、なんで有料のクレジットカードなの。と思うかもしれません。年会費2,160円分のマイルを取り戻すのに年間432,000円の買い物が必要になっちゃうじゃないの。月々にすると36,000円使ってやっとプラスマイナスゼロ。無駄じゃないのって思わないでください。ここからひと工夫のお話です。

JALカード(ホームページへ)

JALカードはWAONチャージできるカードを選ぶ

JALカードには、WAONオートチャージ機能があります。この機能のないJALアメリカンエクキスプレスカードとJALカードSuicaとJALOPカードはお勧めしません。この後にお話しするイオンでの買い物の時にマイルを取りこぼすからです。もし東急電鉄沿線にお住まいならばWAONもPASMOも両方オートチャージ機能があるので一押しですが、私は残念ながら東急電鉄沿線ではないので、JALカードマスターを使っています。

WAONはイオン系列で使える電子マネーですが、イオン以外でも利用できます。と、いうより、JALカードが使えない吉野家やマクドナルドなどではWAONで支払ってマイルが貯まります。クレジットカードが使えるお店ではJALカードで支払い、JALカードが使えなくてもWAONが使えるところではWAONで支払うことで、簡単にマイル効率よく普段の買い物によって貯まっていきます。

人によっては、使い分けることが面倒と思う方もいると思いますが、ポイントサイトをパソコンやスマホで時間を費やすことを考えれば私は楽に感じていて長続きしています。そこでもう一つ。使い分けるには、WAONが必要になります。でもわざわざ、カードを作る必要はありません。スマホアプリです。

JALカード(ホームページへ)

モバイルJMB WAON

通常のWAONもありますが、JALのマイルを貯めるのが目的なのでJALマイルを貯めることができるWAON「モバイルJMB WAON」があります。使うには、スマホアプリをインストールするだけで、登録手続きをするだけです。もちろん年会費などありません。全国のWAONが使えるお店で共通で200円=1マイルが貯まります。特徴は交換手続きなど一切必要ないのでモバイルJMB WAONで買い物をすると自動的にマイル加算されます。楽ですよね。

ただし電子マネーなのであらかじめモバイルJMB WAONにチャージ(入金)が必要ですが、先ほどお話ししたWAONオートチャージ機能を利用します。これもアプリ登録手続き時に設定できます。私の設定は、残金3000円以下になったら自動的にJALカードより10000円チャージにしています。これで入金作業も一切なし。この時なんと、マイルが貯まっています。JALカード+JALショッピングプレミアム加入しているので、100円で1マイルということは、オートチャージにより100マイル貯まってます。そしてWAONで買い物を10000円分ピッタリ使ったとしたら200円で1マイルなので50マイル貯まります。合計で最低150マイルです。

なぜ最低150マイルかというとWAONキャンペーンなどで200円=2マイルになったりするからです。これも後で実際の買い物時にお話しします。

モバイルJMB WAON設定方法へ(WAON公式サイト)

どこで買い物をすれば楽して貯まる?

JALカードも先ほどお話しした通り基本は200円で1マイルですが、JALカード特約店というものがあります。JALカードと提携している国内約52,000店舗の事なのですが、このJALカード特約店でJALカードでクレジットカード払いするだけでJALマイルが2倍の200円で2マイル貯まります。もちろん全ての買い物がJALカード特約店で賄う訳でもありませんが、私の実生活では、ほとんどJALカード特約店で買い物できています。参考までにちょっと書いてみますね。

  • 基本的な買い物はイオン
  • ガソリンはENEOS
  • コンビニはファミリーマート
  • 家電量販店はノジマ

これだけです。大手チェーン店舗なので、ある程度生活圏の中にあるのではないでしょうか。当然、購入価格が1円でも安い方がいいから他店と比較して上記4店舗以外を利用することもありますし、わざわざ、遠くまで行くことも面倒なので運よくこれらの店舗が車で10分以内にあるので可能な限り利用しています。これにより、先ほどの年会費の元手が半分の月々18,000円になります。ガソリン代とコンビニ代でクリアしてしまっています。すでに特約店で2倍になっているのに、さらにJALマイルを2倍にするオプションサービスがJALカードにはあります。それが、JALカードショッピング・プレミアムというオプションサービスです。

JALカード(ホームページへ)
JAL特約店(JALホームページへ)

JALカードショッピング・プレミアム

オプションサービスなので当然無料ではなく、有料のプランです。年会費は3,240円なのでJALカード年会費と合わせると合計5,400円になります。先ほど特約店で利用して月々18,000円まで買い物額が下がったのに、ここで3,240円増えると意味がないと思わないでくださいね。特約店で2倍、さらにショッピング・プレミアムで2倍。要するに4倍になるということです。

それも200円で4マイルではなく、100円で2マイルなのです。普通は200円にならないとマイルがつかないのが100円で貰える。切り捨て額が少なくなるということです。細かい事ですが、1000円の買い物をしたら20マイルですし1100円でも20マイルなのですが、マイル加算基準が200円から100円に下がっているので、22マイル貯まります。ちりも積もればですよね。ということで私もJALカードショッピング・プレミアムに加入しています。

では、月々の話ですが、年会費がトータル5400円。基本的にJALカード特約店を利用している現状なので、100円で2マイルということは、年間270,000円の買い物をすると元手が取れる計算ですね。月々22,500円。入会しない方がハードル低くないと思うでしょうが、買い物額が、常に200円の倍数ってことありえないですよね。繰り返しになりますが、399円の買い物をイオンなど特約店でJALカードショッピング・プレミアムに入会しなければ、200円で2マイルなので2マイル。加入で100円で2マイルなので6マイル。同じ買い物でも2倍貯まるはずなんですが、加算基準が違うので3倍違う事があるのです。そう考えると先ほどの月々22,500円のハードルは実際もっと下がっているのです。

JALショッピングプレミアムへ(JALホームページ)
スポンサーリンク


買い物以外の固定費も貯まる

そう考えると年間20,000マイルから30,000マイルって意外に貯まるのです。もちろん特約店以外では100円で1マイル貯まります。年会費無料の様々なカードは大体還元率が0.2%から0.5%なので、1%の還元率はお得ですよね。特約店以外にも下記のような支払いしていませんか?

  • 電気料金
  • ガス料金
  • 水道料金
  • インターネット通信費
  • 携帯電話料金
  • スカパーやWOWOWやNHKなど受信料

書き出したらいろいろありますよね。毎月上記合計22,500円で収まりますか?私は収まりません。どころか家族の携帯電話通信費だけでオーバーしてしまいます。これらの料金もJALカードショッピング・プレミアム加入で100円で1マイル貯まりますのでJALカード支払いにしていますよ。特に電力の自由化で電気料金でもマイルが貯まる九電みらいエナジー 「JAL マイルプラン」なんてあります。東京電力から乗り換えることも出来るようです。私はまだ東京電力のままなのですが。

JALカードショッピング・プレミアム(JALホームページ)
九州みらいエナジーホームページへ

では、実践している方法をお話しします。決して裏技ではありません。表です。

これから先お話しする前提はJALカード+JALカードショッピング・プレミアム加入が前提です

イオンで買い物編

JAL特約店(100円=2マイル)=還元率2%

スーパーでの買い物は基本的にイオンで購入しています。通常のクレジットカードの還元率は0.5%なので200円で1ポイントを考えると4倍も貯まることになります。月平均5万円ぐらい使ったら、年間60万円で12000マイル貯まることになりますよね。単純計算ですがね。

でもイオンではWAONキャンペーンがあり、毎月5日・15日・25日はWAONでの支払いはマイルが2倍になります。でもこのキャンペーンは必要ありません。なぜなら2倍で200円で2マイル=1%+オートチャージ分が100円で1%=2%になるので同じと思ってはいけません。JALカードは常に100円単位でマイルが2%貯まりますが、2倍キャンペーンでは200円単位です。199円は0マイルです。

更に、毎月10日はWAONでの支払いは5倍になります。この日は迷わず、WAONで支払いましょう。200円で5マイル+オートチャージ分が加算されているからです。

毎週火曜日はWAONで3000円以上使うと翌週以降に100マイル貰えます。この日はWAONを使います。というより3000円ぐらいしか使いません。6000円買っても100マイルなのでね。

次に迷ってしまうのが、ボーナスポイント商品です。店頭にWAONボーナスポイントが貰える商品がありますが、JBM WAONはボーナスポイントが半分になります。お買い物した商品にボーナスポイント対象商品があれば、WAONでの支払いがいいと思いますが、私の場合暗算できる範囲でWAONが得かなと思ったらWAON支払い、そうでもなさそうと思ったらJALカード払にしています。

こんな買い物で月平均700マイルぐらいイオンでボーナスポイントや5倍、火曜の100マイルを多くもらっていますね。年間にすると8400マイルになります。また時々マイル5倍の日が数日行ってくれたり、10倍の日もありますからね。助かります。

ENEOSでガソリン、他編

JAL特約店(100円=2マイル)=還元率2%

ガソリンを入れるならENEOSにしています。特段記載することはないのですが、せこいと言われたら言い返せませんが、給油の時は3000円って決めてます。端数が出ないようにと、いうのと、満タンにすると燃費が落ちるのでいつも3000円。それほど運転するわけではないですが、月1回ですね。3000円で60マイルなので年間720マイルですね。

給油する時にこれ以外考えたことないので、普通すぎて何も話すことがありません。

そのた、コンビニはファミリーマートで、家電はノジマでJALカードで支払えば100円で2マイル貯まります。ガソリン同様、支払いをJALカードにするだけです。

個人的に手間がないので最強カード

雑誌などでは、還元率何%で最強カードなんて特集ありますが、ポイント交換の手間があるので、ちょって面倒。その点、JALマイルを貯めるのにJALカード。って言いうのは何のひねりもない話になってしまいますが、裏技でなく表技なんですよね。

もちろん今までお話しした内容が全て最大のマイルを貯める方法とは限りません。JALマイルを貯める方法は書籍にもなっているぐらいなので、もっと良い方法があると思いますが、私の今の生活では、これぐらいの事しかできませんが、一生懸命貯めているって感じもないので自然に貯まっているイメージです。

最初に10年ぐらい前は出張族だったとお話ししましたが、実はANAマイルも貯めていたのですが(JALが運行されていない空港があった為)ANAカードも作りましたが、貯まったポイントをANAマイレージに交換する必要がありました。当時は交換手数料年間6300円も支払って。今もシステムが変わっていないかはわかりません。飛行機に乗らない生活になってから手間と交換手数料がもったえないのと、2種類のマイルをためることは実生活だけでは無理がある為です。

無料航空券はダメ

今まではJALマイルを貯める方法をお話ししましたが、JALマイルをお得に使う方法をお話しします。もちろんこれも私が実際に行っている方法です。無料航空券はダメっていうことですが、では一体何のためにJALマイルを貯めているの?ってなりますよね。普通は無料航空券に交換してマイルを使って旅行しますが、問題があります。マイルが使い切れないぐらい貯まったいた出張時代は休みも不定休だったので、閑散期に無料航空券を利用していましたのであんまり気にしていなかったですが、今の普通の生活では無料航空券を使って予約したくても席の確保ができない。みなさんも経験ありませんか?

無料航空券の問題点
  • 希望の飛行機に乗れない
  • 搭乗マイルが加算されない

この2点が私が無料航空券を利用しなくなった理由です。ひとつめの希望の飛行機に乗れないという点ですが、どうやら飛行機の座席の中で無料航空券分の席数が決められているようなので、通常予約画面では空席でも、無料航空券で検索すると満席になっていることが多かったです。経験では、札幌雪祭りを見に行こうと予約してみましたが、全便満席。雪祭りが終わったら空席でした。3年続けて同じだったので今も変わっていないと思います。その他にも、行きの朝出発便は満席、帰りの夜便は満席、結局夕方発、お昼帰りなんて旅行計画したくないですよね。こんな理由で、無料航空券を使うことはなくなりました。

その代わり、もっといい方法がありますよ。その前に、ふたつめの理由。

搭乗マイルについては、羽田ー札幌に搭乗すると普通運賃では搭乗しないので特便で予約するので、383マイル貯まり、JALカードで支払うと10%加算(普通カード)38マイルの合計421マイル、往復842マイル貯まります。これにJALカード払いしているので100円で2マイル貯まりますので仮に往復50,000円としたら1000マイル、トータル1842マイルです。これがゼロ。でも50,000円が無料なんだから文句言うなって言われるかもしれませんが、1,842マイル貯めるのって大変ですよね。この問題も解決できる方法あります。

JALマイルはeJALポイントで使う

では、どうやってJALマイルを活用しているかと言いますと、これも裏技ではなく表です。JALホームページでログインすると最初の画面に出てますよ。たぶんみなさんは今のマイル残高を見るだけかもしれませんが、その右隣にeJALポイントってありませんか?以外に知らない方いるのですが、簡単に言うと、JAL専用電子マネーっていうとわかりやすいですかね。

eJALポイントで使える

eJAlポイントで購入できる(使える)のはこれだけです。このうち私が使ったことがあるのは1と3と4です。

  1. JALグループ国内線航空券
  2. JAL国際線航空券
  3. JALパッケージツアー
  4. JALダイナミックパッケージ(国内のみ)
  5. マイルツアー
  6. 燃油サーチャージ代など

eJALポイントはログインページで”マイルをその他の特典”に交換で選べ、10,000マイルが15,000円分のeJALポイントに交換できます。JALパッケージツアーで札幌1泊2日で探すと、26,000前後で行けるので、20,000マイルを30,000万円分のeJALポイントにして購入すれば、マイルを利用して旅行ができて、しかも搭乗マイルも加算されます。また、残ったeJALポイントの有効期限は1年間なので、次回に利用すれば大丈夫です。

私も1年に1回だけこの方法を利用して旅行しています。もちろん、15000マイルで1往復分の無料航空券なので、5,000マイル損している気がしますが、JALカードには毎年初回搭乗ボーナスマイルが1,000マイル加算されます。これにパッケージツアーでの搭乗マイル561マイル加算で合計1561マイルです。差し引き3,439マイルの差です。

賛否両論がありますが、予約困難な無料航空券で四苦八苦して予約取るよりも、多少マイルを多く消費しますが、自由に予約できるこのeJALポイントに代えてから利用するようにしています。マイルで旅行してマイルを貯めるって感じですかね。この方法でここ数年毎年1回飛行機を使った旅行に行きますが、航空・宿泊費はゼロです。空港までの電車・バス代と食費・観光費だけなので得した気分でいつもいます。飛行機に乗らなくなってからは、この使い方が一番多いです。ところが、おもしろいサービスが2016年12月から始まりましたよね。

どこかにマイル

2016年12月から始まった、どこかにマイル。6,000マイルで羽田発限定で往復できるという個人的には画期的なサービスです。また2017年4月から伊丹空港発も始まりましたね。もちろん6,000マイルで往復できるのでお得なのですが、からくりが当然ありますよね。どこかにマイルを選択すると、4つの候補地が表示されます。この中から自由に選べるのではなく、4つの中から1か所ランダムに選ばれて3日後に目的地決定のメールが届きます。私も2月にどこかにマイルを利用しましたが、表示されたのは、「釧路」「帯広」「鳥取」「鹿児島」でした。3日後に「帯広」決定のメールが届きました。

どこかにマイル申し込み時に行き・帰りの飛行機の大まかな時間は選べるのでそこは問題ないのですが、旅行の常識を変えたような感じで面白いですよ。普通は、

  1. 日程を決める
  2. 目的地を決める
  3. 観光地を探す
  4. スケジュールを立てる

これが普通の旅行を考える時の順番ですよね。ところが今回、どこかにマイルを利用した時は、

  1. 日程を決める
  2. どこかにマイルで4つの候補地を見て申し込む
  3. 3日後目的地が決まる
  4. 観光地を探す
  5. スケジュールを立てる

こんな感じでしたね。私の場合今回は帯広だったので、帯広の観光地を探し、尚かつ冬なので夏のレジャーの観光地を除く。なんて結構試行錯誤しました。でも以外にこの作業面白いですよ。思いついたのが、「豚丼」ぐらいしかなかったのでね。調べると幸福駅とか、熱気球とかパークゴルフ、など、夏ならばいいけど冬だと意外にない。本屋に行って旅行雑誌見ても夏の観光はたくさんありましたね。そんな中で池田ワイン工場が見つかったので行ってみたりとか。

池田ワイン工場のお話し

どこかにマイルへ(JALホームページ)

どこかにマイルは最初に表示された4か所が気に入らなければ、画面右下の「旅先を再検索する」を押すと、また別の4か所表示されます。繰り返して、お気に入り探してください。ただし、季節的に人気になる空港は表示されないと思います。私の時も2月上旬は札幌雪祭りの時期なので、札幌は何度やっても表示されませんした。あと旭川も。雪祭り終わった後の日付で検索したら表示されました。旭川も。

お得なサービスなので、おそらく閑散期になるように設定されているかもしれませんね。それでもこの「どこかにマイル」はeJALポイントを活用していた私にとっては、これからはこのサービスを選択すると思います。すでに夏休み前にどこか行こうと思っています。

最後になりましたが

最後まで私の話に付き合ってくれた方々、ありがとうございました。先ほどお話しした通り、JALのホームページを定期的に見ているので、何か新しいマイルの使い方やお得な方法が見つけたら、追記していきますね。もちろん手間がかからない今の方法でできることになりますがね。

こちらの記事も読まれています

suicaポイント

画像出典:JR東日本

登録率5%以下5700万人が損しているSuica

電車に乗る時やお買い物で利用するSuica。初期設定ではポイントが貯まらない!JR東日本の策略