スポンサーリンク


ボウリングボールの大きさや重さ

kids-ball

実は…サッカーボールとほぼ一緒の大きさなんです

ボウリングボールの大きさは、手に取って触った事がある方が多いので大体の大きさってイメージできますよね。

実はボウリングボールの大きさ約21.8㎝はサッカーボールとほぼ一緒なんですよ。

重さは全然違いますけどね。

当然ながら子供用の5本の指が全て穴に入るキッズボールの大きさも一緒です。違いは重さです。
スポンサーリンク

ボウリングボールの重さ

ボウリングボールの重さはキログラム(kg)ではなくポンドで表されています。

自分の体格にあったボールを選ぶ方法ってよくわからない方が多いので、軽いボールを選ぶ方が多いですが、ボウリングのピン1本あたりの重さは約1.6㎏もあるので、ストライクを狙うには10本すべてのピンを倒さなくてはいけないので、約16㎏を必要なんてね。

当然、重たいボールの方がストライクの確率は高くなるのですが、無理やり重いボールを持ってもコントロールできないので、選ぶ目安がありますよ!

重さを選ぶ目安は体重の10分の1

例えば体重70㎏の一般男性ならば、7㎏なので15ポンドか16ポンドが最適かな。

但し指の太さや手の大きさもあるのであくまでも重さの目安ですよ。

ポンド キログラム(kg)
4ポンド 約1.8㎏
5ポンド 約2.2㎏
6ポンド 約2.7㎏
7ポンド 約3.1㎏
8ポンド 約3.6㎏
9ポンド 約4.1㎏
10ポンド 約4.5㎏
11ポンド 約4.9㎏
12ポンド 約5.4㎏
13ポンド 約5.9㎏
14ポンド 約6.3㎏
15ポンド 約6.8㎏
16ポンド 約7.2㎏

ボウリングボールの材質

ボウリングのボールは、見た目で想像できそうですね。

そうです、プラスティック製です。

その他にもウレタン製のボウリングボールもあります。

ボウリング場に置いてあって自由に使えるボール(ハウスボール)はプラスティック製です。

材質によって曲がり方が変わってきますよ。販売しているボールはスペアボールと呼ばれるボール以外は曲がりを追求したボールがほとんどです。

ボウリングってボールが曲がった方がストライクの確率が高くなるよ!だからみんなボール曲げて投げているんですね。

よく見られている3つのページ

スポンサーリンク




スポンサーリンク