日光・鬼怒川フリーパス

日光・鬼怒川フリーパス

スポンサーリンク


日光・鬼怒川エリアへ鉄道旅行するならば必需品のフリーパス!

紅葉の名所でもある日光・鬼怒川温泉方面へ、鉄道を利用して旅行に行くならば必需品になるのが電車やバスが乗り放題になるフリーパスは便利でお得です。

そこで日光・鬼怒川方面へお得なフリーパスが東武鉄道から発売されているので、ご紹介いたします。

まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパス

まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパスは、東武鉄道の発着駅からのフリーエリアの入口となる下今市までの往復乗車券と日光・鬼怒川エリアの鉄道・バスが乗り降り自由になるきっぷです。フリーエリア内であれば、東武線・野岩鉄道・東武バス日光・日光交通バス・日光・鬼怒川エクスプレス(要事前予約)も乗り降り自由になります。

  • 発売期間:通年
  • 有効期間:連続4日間
  • 特急を利用する場合は特急券を別途購入が必要
  • SL「大樹」を利用する場合はSL座席指定券を別途購入が必要
まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパス

画像:東武鉄道

販売価格

まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパスの販売価格は、東武鉄道の発着駅や利用期間によって異なります。

ハイキングや紅葉の見頃となる4月~11月の価格

浅草発着:大人6,150円・子供3,100円

大宮発着:大人5,910円・子供2,980円

船橋発着:大人6,270円・子供3,160円

まるごと日光 東武フリーパス

鬼怒川エリアへ行かず日光エリアのみ観光をする場合は鬼怒川エリアを省いた,「まるごと日光 東武フリーパス」がお得です。利用条件などは。「まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパス」と一緒です。

  • 発売期間:通年
  • 有効期間:連続4日間
  • 特急を利用する場合は特急券を別途購入が必要
  • SL「大樹」を利用する場合はSL座席指定券を別途購入が必要
日光フリーパス

画像:東武鉄道

販売価格

まるごと日光 東武フリーパスの販売価格は、東武鉄道の発着駅や利用期間によって異なります。

ハイキングや紅葉の見頃となる4月~11月の価格

浅草発着:大人4,520円・子供2,280円

大宮発着:大人4,300円・子供2,150円

船橋発着:大人4,770円・子供2,400円

まるごと鬼怒川 東武フリーパス

日光エリアへ行かず鬼怒川エリアのみ観光をする場合は日光エリアを省いた,「まるごと鬼怒川 東武フリーパス」がお得です。利用条件などは。「まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパス」と一緒です。

  • 発売期間:通年
  • 有効期間:連続4日間
  • 特急を利用する場合は特急券を別途購入が必要
  • SL「大樹」を利用する場合はSL座席指定券を別途購入が必要
鬼怒川フリーパス

画像:東武鉄道

販売価格

まるごと鬼怒川 東武フリーパスの販売価格は、東武鉄道の発着駅や利用期間によって異なります。

ハイキングや紅葉の見頃となる4月~11月の価格

浅草発着:大人4,730円・子供2,390円

大宮発着:大人4,480円・子供2,270円

船橋発着:大人4,730円・子供2,390円

スポンサーリンク

プレミアム日光・鬼怒川 東武フリーパス

プレミアム日光・鬼怒川フリーパス

画像:東武鉄道

日光・鬼怒川エリアの東武グループ交通機関に”一枚でぜんぶ乗れる”フリーパス。中禅寺湖機船や明智平ロープウェイも含まれていて有効期間も5日間で特急列車も利用可能なので、のんびりゆったり日光・鬼怒川を満喫できそうですね。

ただし発売・利用期間が決まっています。

  • 発売期間:2017年4月10日~2017年11月26日
  • 有効期間:連続5日間
  • 特急列車も利用可能
  • SL「大樹」を利用する場合はSL座席指定券を別途購入が必要
プレミアム日光・鬼怒川フリーパス

画像:東武鉄道

販売価格

プレミアム日光・鬼怒川 東武フリーパスの販売価格は、東武鉄道の発着駅によって異なります。

ハイキングや紅葉の見頃となる4月~11月限定発売

浅草発着:大人8,730円・子供4,390円

大宮発着:大人8,170円・子供4,110円

柏駅発着:大人8,280円・子供4,160円

船橋発着なし

青春18きっぷ+日光バスフリーパス

2017.09.18
スポンサーリンク






ブロトピ:国内旅行ブロトピ:YouTube – 日本の風景・伝統ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼


スポンサーリンク