スマホ代節約に必須のJapan Connected-free Wi-Fi

スポンサーリンク


1度設定すれば様々なwi-fiが無料で使えるアプリ

auスマホの乗り換え可能期間となっている為、毎月7,000円もかかっているスマホ料金を安くするために日々調べまくっていますが、なかなか決め手が無いですね。

まあ、決め手が無いというよりか何がいいのかわからなくなっているというのが本音ですね。

格安スマホが今のところ第一候補なのですが、迷います。

格安スマホの差があまりない

格安スマホを提供する会社は無数にありますが、調べてみても料金に差があまりありませんね。

データ量1GBならば大体1,000円前後で通話ありにしても1,980円がほとんどですね。

そうなると、一番重要なのが

つながりやすさ!

でも、使い比べることも出来ないので雑誌などを見るしかないですよね。

でも、実際の自分が使うエリアと雑誌の数字のデータだけではよく分かりません。

結局つながりやすさはわからない

そうなると、格安スマホはどこを選んでも一緒かなって思いますよね。

そこで、乗り換え可能期間ぎりぎりまで考えて、慌てて格安スマホ会社を選ぶ必要はなくなりますね。

今回私の場合は、スマホ端末も新しくしたいのでスマホ端末料金の負担が少ないものを選び、その提供している格安スマホ会社を選ぶのがいいのかもしれませんね。

無料wi-fiアプリを活用しよう

格安スマホの通信回線の安定性は提供会社により異なりますが、今や街のあちこちで無料wi-fiが提供されていますよね。

この無料wi-fiを上手に活用すれば、パケット通信量を減らすことができるので何かないかと探していました。

コンビニ・鉄道・空港・飲食店など個々に様々なwi-fiが設置されています。しかしこれら無料wi-fiは会社ごとに

別々に登録が必要

これはめんどくさい。

そこでおススメなのが、たった1度の登録で国内のほとんどの無料wi-fiが使えるアプリです。

スポンサーリンク

Japan Connected-free Wi-Fi

Japan Connected-free Wi-Fi

NTTが提供

この「Japan Connected-free Wi-Fi」は、NTT(エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社)が提供する、無料公衆無線LAN対応のスマホアプリなんです。

もともとは、訪日外国人向けに提供していましたが、私たち日本人も無料で利用できます。

このアプリはandroidもiOSでもどちらでも利用でき、しかも無料なので使わないなんてもったえないですよね。

使い方は簡単

  1. Japan Connected-free Wi-Fiアプリをインストール
  2. 利用規約に同意する
  3. メールアドレスまたはSNSアカウントを登録する

たったこれだけで利用登録が完了します。

利用できる公衆無線LAN

Japan Connected-free Wi-Fiアプリは、実際に日本国内で提供されている数多くの公衆無線LANサービスを簡単に利用できます。

主なものは下記に書きましたが、街中の無料wi-fiスポットなどを含めるとあまりにたくさんあり過ぎるので、スマホがwi-fiを拾うといつもJapan Connected-free Wi-Fiアプリを使ってみてつながれば利用しています。

サービス対応エリアは、こちらを参考にしてくださいね。

Japan Connected-free Wi-Fi利用可能エリア

コンビニエンスストア

例えばコンビニ大手3社(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)はそれぞれ独自の無料無線LANを提供しているので、3社全てでwi-fiを使うなら3社とも利用登録が必要なのですが、このJapan Connected-free Wi-Fiアプリを使えば3社全て利用できます。

各社それぞれの登録の必要が無いのでとっても便利です。

スーパー・ショッピングモール

セブン&アイ・グループ、イオンモール、ららぽーとなども利用できます。

鉄道・バス・空港

JR東日本、JR東海、東京メトロ、都営地下鉄、京王電鉄、京成電鉄、東武鉄道、西武鉄道、京急電鉄、つくばエクスプレスなど

成田空港、羽田空港、伊丹空港、関西空港、新千歳空港、那覇空港、仙台空港、福島空港、秋田空港、山形空港、岡山空港、広島空港、佐賀空港、鹿児島空港、など

ここだけは気をつけよう

Japan Connected-free Wi-Fiアプリは実際使っていて、それぞれのwi-fiサービスの登録の必要がないので確かに便利です。

ただし、Japan Connected-free Wi-Fiアプリ自体が無料公衆無線LANを提供しているわけではないことを!

そう言う事かというと、セブンイレブンでJapan Connected-free Wi-Fiアプリを使ってwi-fiに接続すると、利用回数や接続時間は、セブンイレブンのルールに従うことになります。

1日3回までで、1回の連続接続時間は60分です。

このようなルールは各公衆無線LAN提供会社によって違います。

細かい事は分からなくてもJapan Connected-free Wi-Fiアプリを使って接続すると、このような利用時間や回数などが表示されるので、その範囲で利用すればいいだけです。

セキュリティー

これもJapan Connected-free Wi-Fiアプリ自体は公衆無線LANにワンタッチで接続するだけなので、セキュリティーも接続したwi-fiスポット次第ということになります。

Japan Connected-free Wi-Fiアプリで接続したwi-fiのセキュリティーレベルなんて分かりませんもんね。

それなので、私も実際Japan Connected-free Wi-Fiアプリを使うときは、個人情報の送信(メールを含め)使っていません。

クレジットカード決済などももちろんです。

webの閲覧などがほとんどですね。

これは確証ではないのですが、Japan Connected-free Wi-Fiアプリで接続できるwi-fiの中には、NTTフレッツスポットやギガらくwi-fiもあるので、このwi-fiスポットならば、暗号化セキュリティーを利用しているので、情報漏洩などの可能性は少ないと思いますよ!

個人的にはJapan Connected-free Wi-Fiアプリをもう5年ほど使っているので、使える場所が最初はセブンイレブンぐらいだったのが、今ではあちこち使えるのでとっても便利に、不都合なく利用させてもらってます。

よく読まれている記事

青春18きっぷ×JALマイル
クイズに答えてJALマイルに交換
やってはいけない3つの充電方法

スポンサーリンク






スポンサーリンク